ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

・ミニマリストの小宇宙・

本と読書

泊まれるブックカフェ・ランプライトブックスホテル名古屋

「本の世界を旅するホテル」がコンセプトの、 「ランプライトブックスホテル名古屋」に宿泊しました。 LAMP LIGHT BOOKS HOTEL nagoya ランプライトブックスホテル名古屋 外観 本屋&カフェ 客室 朝食 感想 外観 暖色の灯りに惹かれます。 道を挟んでローソ…

「ToDo」と「Being」、2種類のミニマリスト

「モノややることを減らした分、大事なことに集中する」。 ミニマリスト系の本やブログでよく聞く言葉です。 ですが、特に集中すべき「大事なこと」があるわけではない、という人もいらっしゃると思います。 目的を持たないミニマリスト 「to do」と「being」、2…

もう一度読み返したい本というのは少なく、それらの本をもう一度読み返すこともまた少ない

これまでにも何度か書いていますが 私は本を ほとんど持ちません astudyinscarlet.hatenablog.com astudyinscarlet.hatenablog.com 手元に何冊かはありますが それらはある程度たまったところでブックオフに 引き取ってもらっています というのも 面白かった…

平成に花束を。古市憲寿「平成くん、さようなら」

この国に住むほとんどの人は「だから」や「つまり」といった接続詞を正しく使えない。 「平成くん、さようなら」を読みました 平成くん、さようなら 作者: 古市憲寿 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/11/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1…

怖いけど知りたい。「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義

久しぶりに本屋で本を買った 本屋に行くということも減っているが 本屋で本を買うということも随分減ったと思う 本屋で気になった本をAmazonや楽天で買うという ありがたくない客の私が言えたことではないのだが やはり本屋は良い 何も買わなくても 本屋とい…

【ふくわらい】アノマロカリスと西加奈子

第一印象が大切だ なんていうことは もううんざりするくらいに聞く言葉ですが あらためて実感したという話です 最近 西加奈子さんの本を読みました 今更なんですけど初めて読んだんです ふくわらい (朝日文庫) posted with ヨメレバ 西 加奈子 朝日新聞出版 …

「知る」は「楽しい」。日経新聞を楽しむ読み方と、紙の新聞の意外なメリット

少し前に「雑誌の表紙だけ読む」ということをしていたのですが、最近は少し飽きてきて、あまり積極的にはしていません。 astudyinscarlet.hatenablog.com 今はまっているのは、紙の新聞です。 日経新聞を読んでいます。 社会人1年目からのとりあえず日経新聞…

【思考の整理学】拡散と収斂。広げたあとのシンプル化

今に始まったことではないのだが このブログは時系列がぐちゃぐちゃである 書いたものをすぐに公開しないで 書きかけのまま放置したり 思い出したように加筆してみたり そんなことを繰り返しているせいである だからブログの内容というのはどうしても現実か…

モーム「世界の十大小説」と、「好きな作家」について

モームが好きです astudyinscarlet.hatenablog.com 読んだのは数冊だけですが 自分の中では「好きな作家」のひとり、ということになっています 好きかどうかということには たくさん読んでいるかどうかということはあまり関係がありません 1冊読んだだけで…

カジュアルに楽しむ 革のブックカバー

astudyinscarlet.hatenablog.com ブログにも書いたが 少し前に上等なブックカバーを買い しばらくして手放した 本ではなくカバーに重きを置くようになってしまったからだ しかし本を持ち出すときのカバーは欲しいので 別のものを買った 2つとも革製ではある…

雑誌は「表紙だけ」読む。

astudyinscarlet.hatenablog.com もう何年も雑誌を買っていませんが 雑誌を全く読まないかと言うとそういうわけでもなく 本屋で手に取ってパラパラとめくる程度のことはすることもあります 最近は雑誌を読むということを意識して 行なっているんですけれども…

本を読む人生 と 本を読まない人生 は何が違うのか?

読書をすれば 成功するとか年収が上がるとか そんなものは詭弁だと思ってますけれど じゃあなぜ本を読むのかっていう話です 「本を読む人生と本を読まない人生は何が違うんですか」 みたいな質問を見かけたのですけれど それを見た時に もうこの質問自体が答…

【女性の筋トレ】自宅筋トレのために買ったもの、おすすめ本

数か月前から筋トレを始めました。 astudyinscarlet.hatenablog.com 筋トレは、究極を言えば、場所さえあれば、体ひとつでできるものです。 海外のミニマリストでも筋トレが趣味の方は多い気がします。 とはいえ、いくらかは買ったものがありますので、私が…

ミニマリストは利用される? /DaiGo「片付けの心理法則」

今更こんな話をするのも何ですが メンタリストの DAIGO さんの片づけの本というのがありまして 人生を思い通りに操る 片づけの心理法則 posted with ヨメレバ メンタリストDaiGo 学研プラス 2017年11月22日 Amazon Kindle 楽天ブックス ブログで取り上げられ…

シンプルライフの価値観を磨く 本

シンプルライフをうたった本はたくさんありますけれども 私 個人としてはそういうダイレクトなものよりも はっきりそう書いていないような本 それも実用書ではなく小説などの方が 本質に触れていたり いいことが書いてあったりすると思っています 例えばムー…

少ない努力で「やってのける」方法

最近読んだ本の紹介です。 ハイディ・グラント・ハルバーソンの「やってのける~意志力を使わずに自分を動かす~」。 経験論や精神論ではない、まっとうな本だと思います。 「証明型」「習得型」という分類や、それぞれに効果的なアプローチなど、初めて知る…

シンプルライフを目指していても、購入を先延ばしにしてはいけないと思うもの。

シンプルな暮らしに興味を持つと、モノを買うことに慎重になります。 しかし慎重になりすぎるのも、それはそれで弊害があるものです。 以下、どちらかというとモノよりコトに近いのですが、 わたしが「購入を渋るべきではない」と考えているのは「本」と「音…

徹底的に「所有しない」。メンタリストDaiGoの「自分を操る超集中力」

メンタリストDaiGo氏の「自分を操る超集中力」を読みました。 この手の本を読む方にとっては定番とも言える内容もいくつか出てきますが、細かいテクニックがたくさん紹介されているので、気になったものを取り入れやすいと思います。 わたしもすべては試して…

Newspeak/「本を読むと世界が広がる」の意味/マンボウを見るときの気持ち

今読んでいる本 ジョージ・オーウェルの「1984年」についてなんですけれども 一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫) posted with ヨメレバ ジョージ・オーウェル 早川書房 2009-07-18 Amazon Kindle 楽天ブックス 古典的な名作で有名な作品ですが実は初めて…

自分のものにしようとするとお金がかかる

わたし自身はコスパ重視というわけではありませんが、コスパについてひとつ思っていることがあります。 「無形の文化」のコスパは、異常なほど高い。 一流の文学が読みたいと思えば、図書館や青空文庫で無料で読めますし、最新の本であってもそれほど高いわ…

「貯められる人は、超シンプル」

横山光昭さんの、「貯められる人は、超シンプル」を読みました。 モノ、生活、お金の順に整える。 お金を貯める本なのにモノの話から入る画期的な内容、とのことです。 たしかに、「断捨離でお金の面でもよい効果がある」という本はよくありますが、「お金を…

土屋鞄のブックカバー/好きなことがもっと楽しくなる「贅沢品」

贅沢品 ――生活に直接の必要がない高価な品。 スマホで電子書籍を読むと目が疲れるので、最近はもっぱら紙の本を愛読しています。 本のためにブックカバーを買いました。 トーンオイルヌメ アンティック文庫カバー 土屋鞄の革のカバーです。 ブックカバーがな…

『思い込み』を手放すことは難しい

以前にも一度書いているのですが、ずいぶん昔(中学生か高校生ぐらい)に読んだ本で、今でも忘れられない作品があります。 astudyinscarlet.hatenablog.com 彼はカッターナイフで自分の眼を切り刻もうとした。手術後のことだ。 家族も、友人も、執刀した医師…

「一汁一菜でよいという提案」

食欲の秋・読書の秋にちなんで、食に関する本をご紹介します。 とても影響を受けた本です。 土井善晴さんの、「一汁一菜でよいという提案」。 もともと「粗食」とかシンプルで質素な食事に興味があったので、まさにぴったりの内容でした。 土井善晴さんとい…

つい欲張ってしまうこと、その理由

図書館で本を借りるとき、貸し出しできる限界まで借りようとしてしまいます。 読まないまま返すことも多くて、最近ではめいっぱい借りることは少なくなりましたが、それでも、あきらかに多すぎる量を借りてしまいます。 先日は6冊借りました。 厚いハードカ…

カフェラテを買うように本を買う

なにげなく手にとった雑誌の中に、とても良いフレーズを見つけました。 「カフェラテを買うように本を買う」。 わたしは甘い飲みものは飲みません。 したがって、カフェラテを買う習慣もありません。 ですが、このフレーズがとても気に入ったので、ふとした…

【減らす技術】小さな習慣を身に付ける

レオ・バボータの「減らす技術」を読みました。 さっそく、「習慣化チャレンジ」というのを真似してやってみています。 身に着けたい習慣をひとつ決めて、毎日それに取り組む。 欲張らず、一か月にひとつだけです。 いきなり大きなことをするのではなく、「…

シンプルであることはなぜ美しいか

わたしはわりと安易に「シンプル」と言ってしまうのですが、一方で、「シンプル」という言葉を軽く扱うことに少し抵抗も感じています。とはいえここを突き詰めると深みにはまりそうなので、これからも気軽に「シンプル」という言葉を使うと思います。 (以下…

根をもつこと、翼をもつこと

ほんの少し体を使う仕事をしたのだが、そのせいで背中がひどく痛い。 日頃の運動が著しく不足しているせいである。 風呂場の鏡で背中を見る。 息をするだけでも痛むのに、見た目には何の変化もないので不思議な感覚になる。 あんまり痛むから、そろそろ羽根…

カーネギー「人を動かす」は、自分にも恐ろしいほど当てはまる

結局人は誰でも自分が好き。 一番興味があるのは自分のこと。 わたしは「新しく読者登録してくれた人のブログ」は必ずチェックしています。 もちろん、その後もすべてのブログを追い続けることはできませんが、必ず一度は目を通します。 それはお礼でも何で…