ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

・ミニマリストの小宇宙・

blog

オリジナリティとはモザイク画のようなもの

気づけばブログ記事が 500を超えていた 後になって消したものなどもあるから実際にはもっと書いている (さらに言うと書いただけで公開していない記事というのもゆうに100以上はある) 書きたいから書いているのであって 頑張ったというようなつもりは一切な…

ブログ と「平成」と 眞鍋かをり

astudyinscarlet.hatenablog.com 平成に誕生した「ブログ(ウェブログ)」というメディアは すでに円熟期に入り というか もはやオールドメディアになりつつあります 瞬発力と拡散力のツイッター、 言葉すら超越して視覚に訴えるインスタグラム、 ネットで「…

【ふくわらい】アノマロカリスと西加奈子

第一印象が大切だ なんていうことは もううんざりするくらいに聞く言葉ですが あらためて実感したという話です 最近 西加奈子さんの本を読みました 今更なんですけど初めて読んだんです ふくわらい (朝日文庫) posted with ヨメレバ 西 加奈子 朝日新聞出版 …

ブログのコメント欄について

astudyinscarlet.hatenablog.com ブログのコメント欄を 閉じました 元々閉じていたんですけれども 気まぐれに 開けてみたら ポツポツとコメントなど頂いて それらは 嬉しく拝読させていただいていたのですが やはり 返信が負担になってきまして そんなにたく…

全部を好きにならなくても良い

このブログは匿名で運営しています。 ただ、匿名のブログであっても、長く続けているとそれ自体がひとつの人格を持つというか、「◯◯を書いてる人」という記号を持つことになります。実名を出さないという意味では匿名でも、識別記号を持つという意味では完全…

「ブログには、あなたのことを書きなさい」

はてなブログ Perfect GuideBook posted with ヨメレバ JOE AOTO ソーテック社 2016-07-22 Amazon Kindle 楽天ブックス わたしは参加したことがありませんが、ブログ運営のセミナーなどでは、「読者の役に立つ記事を書きましょう」ということが言われるよう…

【話すブログ】ブログで「語り下ろし」という試みをやってみます

ブログで「語り下ろし」というのをやってみようと思います まぁ要するに音声入力なんですが ブログの記事はちゃんとしたものを書かなきゃってどうしても思ってしまって 私の場合はそれが原因で書くのが億劫になったりストレスになったりするわけです 書くこ…

Google の音声入力でブログを書きました。

昨日の記事は、Google の音声入力で書きました。 astudyinscarlet.hatenablog.com なんかいつもと違う、と思った方がいらっしゃるかどうかわかりませんが、もしいつもと違う印象を受けたとすればそういう理由からです。 文体は意識して変えたわけではないん…

ブログを読むことは「価値観のインストール」

最近とても忙しい。 忙しいといっても仕事などではなく、娯楽に忙しいのである。 数日前にとても好みのブログを見つけてしまった。 わたしは完璧主義というべきか貪欲というべきか、気に入ったブログはすべての記事を読まないと気が済まない。 もちろん、「…

カーネギー「人を動かす」は、自分にも恐ろしいほど当てはまる

結局人は誰でも自分が好き。 一番興味があるのは自分のこと。 わたしは「新しく読者登録してくれた人のブログ」は必ずチェックしています。 もちろん、その後もすべてのブログを追い続けることはできませんが、必ず一度は目を通します。 それはお礼でも何で…

オシャレであることは強い。

会社で、尊敬されている人がいる。 その人は広告やいろいろなデザインを手掛けている。 それがセンスが良くてオシャレであるので尊敬されているのだ。 もちろんその人自身もオシャレである。 偉い立場の人ではない。 肩書があるわけではない。 学歴は知らな…

もらうと一番うれしいもの

「どうして私のことが書いてあるんだろうと思った、と言われて泣くほど嬉しかった」というのは赤坂真理の小説の帯にあった彼女の言葉である。 10年以上も前に目にしたのを、なぜだか今でも覚えている。 もらうとうれしいもの。 言葉をもらうのが一番うれしい…

「今」がいちばんシンプル。変化を受け入れ、過去を流す

最近、ミニマムを求める思いが薄れています。 持ち物もちょっと増えています。しかし精神的には今がいちばん身軽です。 持つのも持たないのも自由です。 心が身軽にシンプルになると、多少のことは受け入れられるようです。 今は「遊び」の部分を楽しめるよ…

なぜインターネットの情報を信じてはいけないのか

ネットの情報は信用に値しないとよく言われる。 そのほとんどは素人が書いているからだ。 今更言うまでもないことだが、わたしは自分が「書く側」になってそのことがよく分かった。 なぜ似たようなサイトが多いのか。 なぜこの書き方なのか。 なぜこの画像を…

カレン・キングストン「4つのガラクタ」

今年のうちにブログの大掃除をするつもりです。 具体的には、書きかけの下書きを一掃しようと思っています。 途中まで書いてやめたもの、最後がうまくまとめられないもの、アイデアだけメモしたものなど、未完成のものがたくさんあります。 カレンキングスト…

海辺のシンプルライフ

久しぶりに全記事読んだブログです。 海辺の空き家で静かに暮らす ピアノとバイオリンをたしなむ方のようです。音楽はまだ一部しか聞けていないのですが、穏やかなピアノとときどき椅子のきしむ音がするのがとても良いです。 目を閉じてピアノの音を聴いてい…

ブログはサードプレイス/カフェに行かなくとも、癒しの場所はある

少し前にサードプレイスという言葉があったが、ブログはサードプレイス的な場所だと思う。 私と公の間、あるいは、プライベートとパブリックの間、と言っても良い。 実名でブログを書いている人の場合は、ブログもパブリックと言えそうだが。 サード・プレイ…

「積み上げたい欲」と「リセットしたい欲」

ブログに対して、「積み上げたい」というのと、「リセットしたい」というのと、相反する欲求がある。 「積み上げたい」というのは言うまでもなく、記事をたくさん書いてアーカイブしていくというものだ。「リセットしたい」というのは、ちょっといろいろ書き…

「ふつうの服をおしゃれに着る人」と「ふつうっぽいのにおしゃれなデザインのブログ」の共通点

ブログのカスタマイズに凝っています。コピペしてちょっと変えてるだけなんですけど、すごく達成感あります。 難しいことはほとんどわかりません。htmlとかCSSとか理解していなくても(私はいまだによくわかりません)、いろいろ触ってるうちにここをこれに…

人が考えていることの95%は「昨日と同じこと」

あなたが考えていることのほとんどは以前にも考えたことがある内容だ、というのを何かで見たのを思い出した。調べてみたら、なんと、95%は同じだという。 人間は、1日に6万以上のことを思考し、その内95%は、昨日と同じことを考え、更にそのうちの80%は…

誰かのブログが誰かの毎日を変えているかもしれない

人生を変えた一冊の本。一本の映画。 どんなに本を読んでも何も変わらない私はただ羨むばかりだ。 本を読んだくらいで変わるものか。 そんなに素直じゃない。 そんなに純粋じゃない。 本なんかいくら読んだって、どんなすばらしい映画を見たって、外国に行っ…

何も行動していないから、似たような自己啓発本を読み続けている

たくさんのビジネス書や自己啓発本を読み、 その言葉に感銘を受け、 そして、 すぐに忘れた。 そしてまた別の本を読むのだ。何も変わらないまま。 自己啓発本に書かれていることなんてどれも似たようなものだ。 目新しいことなどは書かれていない。 知ってい…

ブログを「デザイン」する

その人がどんな人で、どんな思いで書いたかはわからなくても、その一文に救われるならば、そんなことはどうでもいいことだ。 見えているのは一部だけ 以下に書くことは、説明などしないで、それこそ「デザイン」で表現し伝えることが望ましいのですが、わた…

日々生前整理。デジタル遺品問題

もし自分が死んだら、ブログは消したいですか? それとも、残したいですか? フェイスブックだと、こういうものがあるんですね。 私が死んだ場合、アカウントはどうなりますか。 | Facebookヘルプセンター | Facebook 自分が死んだらネット関係のアカウント…

見えているのは一部だけ

思想を憎んで人を憎まず。 政治評論家・三宅久之氏が生前よく言っていた言葉だ。 ブログを見てると、いろんな意見や価値観に出会う。 いいこと書いてるな、と思ったら、同じ人が別の場所では暴言を吐いているということもある。 人間は多面的な存在。ブログ…

半年ぶりにインターネットを解禁。 書を捨てて、ネットの海へ

今年の2月に、インターネットの契約をやめた。 それから半年間、家では「PCの前に座らない生活」を送る。 (仕事ではPC使うし、スマホは使ってました) 非ネットワークのPCは、映画や音楽の単なる再生機器と化した。 (PCを捨てる勇気はない) 半年ぶりのイ…

たくさんの人に一瞬で消費されるより、たった一人にでも何か伝わればうれしいと思う

私は一切のSNSをやらず、ラインすらやりません。インターネットやパソコンにも明るくなく、ブログをはじめるのは不安がありました(文章は書きたいばっかりだったのですが)。 まわりに詳しい人はいるのですが、知り合いには教えないつもりだったので、い…