ミニマリストの小宇宙

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

blog

オシャレであることは強い。

会社で、尊敬されている人がいる。 その人は広告やいろいろなデザインを手掛けている。 それがセンスが良くてオシャレであるので尊敬されているのだ。 もちろんその人自身もオシャレである。 偉い立場の人ではない。 肩書があるわけではない。 学歴は知らな…

もらうと一番うれしいもの

「どうして私のことが書いてあるんだろうと思った、と言われて泣くほど嬉しかった」というのは赤坂真理の小説の帯にあった彼女の言葉である。10年以上も前に目にしたのを、なぜだか今でも覚えている。 もらうとうれしいもの。 言葉をもらうのが一番うれしい…

「今」がいちばんシンプル。変化を受け入れ、過去を流す

最近、ミニマムを求める思いが薄れています。 持ち物もちょっと増えています。しかし精神的には今がいちばん身軽です。 持つのも持たないのも自由です。 心が身軽にシンプルになると、多少のことは受け入れられるようです。 今は「遊び」の部分を楽しめるよ…

「やりかけのこと」を大掃除。未完了のものを一掃して新年を迎える

今年のうちにブログの大掃除をするつもりです。 具体的には、書きかけの下書きを一掃しようと思っています。 途中まで書いてやめたもの、最後がうまくまとめられないもの、アイデアだけメモしたものなど、未完成のものがたくさんあります。カレンキングスト…

海辺のシンプルライフに癒される

久しぶりに全記事読んだブログです。 海辺の空き家で静かに暮らす ピアノとバイオリンをたしなむ方のようです。音楽はまだ一部しか聞けていないのですが、穏やかなピアノとときどき椅子のきしむ音がするのがとても良いです。 目を閉じてピアノの音を聴いてい…

「ふつうの服をおしゃれに着る人」と「ふつうっぽいのにおしゃれなデザインのブログ」の共通点

ブログのカスタマイズに凝っています。コピペしてちょっと変えてるだけなんですけど、すごく達成感あります。 難しいことはほとんどわかりません。htmlとかCSSとか理解していなくても(私はいまだによくわかりません)、いろいろ触ってるうちにここをこれに…

人が考えていることの95%は「昨日と同じこと」

あなたが考えていることのほとんどは以前にも考えたことがある内容だ、というのを何かで見たのを思い出した。調べてみたら、なんと、95%は同じだという。 人間は、1日に6万以上のことを思考し、その内95%は、昨日と同じことを考え、更にそのうちの80%は…

誰かのブログが誰かの毎日を変えているかもしれない

人生を変えた一冊の本。一本の映画。 どんなに本を読んでも何も変わらない私はただ羨むばかりだ。 本を読んだくらいで変わるものか。 そんなに素直じゃない。 そんなに純粋じゃない。 本なんかいくら読んだって、どんなすばらしい映画を見たって、外国に行っ…

ブログを「デザイン」する

その人がどんな人で、どんな思いで書いたかはわからなくても、その一文に救われるならば、そんなことはどうでもいいことだ。 見えているのは一部だけ 以下に書くことは、説明などしないで、それこそ「デザイン」で表現し伝えることが望ましいのですが、わた…

日々生前整理。デジタル遺品問題

もし自分が死んだら、ブログは消したいですか? それとも、残したいですか? フェイスブックだと、こういうものがあるんですね。 私が死んだ場合、アカウントはどうなりますか。 | Facebookヘルプセンター | Facebook 自分が死んだらネット関係のアカウント…

見えているのは一部だけ

思想を憎んで人を憎まず。 政治評論家・三宅久之氏が生前よく言っていた言葉だ。 ブログを見てると、いろんな意見や価値観に出会う。いいこと書いてるな、と思ったら、同じ人が別の場所では暴言を吐いているということもある。 人間は多面的な存在。ブログな…

半年ぶりにインターネットを解禁。 書を捨てて、ネットの海へ

今年の2月に、インターネットの契約をやめた。 それから半年間、家では「PCの前に座らない生活」を送る。 (仕事ではPC使うし、スマホは使ってました) 非ネットワークのPCは、映画や音楽の単なる再生機器と化した。 (PCを捨てる勇気はない) 半年ぶりのインタ…

たくさんの人に一瞬で消費されるより、たった一人にでも何か伝わればうれしいと思う

私は一切のSNSをやらず、ラインすらやりません。インターネットやパソコンにも明るくなく、ブログをはじめるのは不安がありました(文章は書きたいばっかりだったのですが)。 まわりに詳しい人はいるのですが、知り合いには教えないつもりだったので、い…