ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

本の自炊はしない

 

本を持っています。

データ化はしていないし、今後もするつもりはありません。

 

好きな本や大切な本を裁断するのには抵抗があります。逆に、「別に裁断してもかまわない」と思える本なら、わざわざ自炊してとっておく必要もありません。

 

自炊は、モノの所有(データであっても、所有です)に対して手間をかけている、という見方もできますよね。道具もかさばります。さらに、自炊をしても、電源がなければ読めないのです。 

自炊というのは「業務上大量の資料が必要な人」もしくは「すべての所持品を持ち歩く必要のある人」向けのスキルだと思っています。

 

私は自炊をする時間があったら本をよみたいし、自炊の道具を揃えるお金があったら本を買いたいです。(じぶんにとっての優先順位がわかると物事に悩まなくなります。)

本はたくさん買いますが、ほとんどは読んだら手放します。手元に残すのはほんとうに好きな本だけ。

 

私がいちばん「有限」を感じるのは本屋や図書館にいるときです。一生かかってもすべての本を読むことはできない。だからこそ、優先順位がたいせつなのです。本に限らず。