ミニマリストの小宇宙

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

大人になると似合う服、というのはある

 

大人になると、似合う服がある。

(桃井かおりさんの、「大人はシャツのボタンをあけてもいい」という話は有名ですね)

 

無地の服がしっくりくるようになったと感じます。

若いころは、ふつうの白いTシャツにデニム、みたいなシンプルファッションにあこがれつつも、「顔やスタイルがモデル並みじゃなきゃ似合わない」と思っていましたし、着てもただの地味な人になってました。

 

現在は以前より、白いTシャツが似合うようになったと感じます。シャツも苦手なアイテムでしたが、リネンのシャツをさらっと着られるようになりました。

 

シンプルな服がちゃんと着られるようになる。

年をとるのも悪くない。