ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

ミニマリストを名乗るわけ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

だいたい7年ぐらいになるので、持たない志向歴はそこそこ長いです。(歴だけは)

最近は「ミニマリスト」を名乗るのもなんかどうなんだろう、という気がしなくもないのですが、名乗っています。

 

ミニマリストになりたい、ミニマリストを目指して・・・などの言葉をよく見かけますが、

ミニマリストは目指すものではありません。

 

ミニマリズムは「主義・思想」です。(手段でも目的でもありません)

よって、ミニマリストを目指すすべての人はすでにミニマリストであるといえます。

ですが、「何をもって最小とするのか」は玉虫色です。「自分にとって」と付ければどこまでも拡大可能な曖昧なものです。

誰もが認めるミニマリストである高城剛氏も、どう見ても「生存に絶対必要」ではなさそうなアイテムを結構持っていますよね。

 

私は本当の最小限主義者(それこそ、布一枚と茶碗一個しか持たないような)ではありませんが、(そんな人ミニマリストブログにはいませんよね。ネット環境持ってるわけだし)広義のミニマリストには十分あてはまると思います。

基本的には「あるものを使う」考えですが、ときには少しだけこだわって選ぶこともあります。

 

言葉や定義にこだわるより、「自分がどう生きたいか?」が先に来るべきですね。

私は「ミニマリスト」という言葉が現時点でいちばん自分の考えに近いし、キャッチ―でわかりやすい、という理由で「ミニマリスト」と言っています。

 

「ミニマリスト」「シンプルライフ」「断捨離」など、既存の定義を目指す必要はありません。

自分がどうしたいかのほうが大事です。

似た考えがあれば参考にする、ぐらいの気持ちで。

定義を重要視する人は、自分があてはまらない箇所がある場合どうするのでしょうか? 見なかったことにする?

それとも、「その定義は間違ってる。自分はこう思う」と議論してみますか?

 

私は非ナチュラル派で、エコやロハスやオーガニックなんてオシャレでプラシーボ効果抜群のブランドタグでしかないと思ってるし、(オーガニック認証とるのにもお金がかかるのですよ。そしてそのオーガニックは別に安心でも安全でもないです) なんでも自家製・手作りなんて無理。カップラーメンは文明の結晶、人類の叡智だと本気で思ってる。ノンケミカル、自然由来、無添加、すべて言葉の欺瞞。

かといって、本も音楽も映画もなんでも電子化、クラウド、ノマド、寝袋、スティーブ・ジョブズ、なスタイルでもありません。そっちのリテラシーはかなり低いです。

 

そういう意味でも、「上質、こだわり、お気に入り、ゆったり、ていねい、ナチュラル志向」でもなく、「なんでもアウトソーシング、電子化、クラウド化、効率化を追求」でもない、だけどミニマリスト。そういう層に響けばいいなと思います。私がそうなので。

 

実際の交友関係においては、自分のミニマリスト的な考えは一切語らないし、気づかれてもいないと思います。

「流行りの断捨離やってます」ぐらいならば理解されやすいかと思いますが、TVや洗濯機や冷蔵庫を持ちたくないという考えはなかなか理解してもらえないし、理解されなくてもいいと思っています。

主義・思想などというものは、必要がなければ、わざわざアピールすることではありません。

 

ミニマリストになるまで