ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

「一生モノ」は存在しない

 

シンプルライフやミニマリストだと、モノが少ない分、質にこだわるという方が多いのではないでしょうか。

私も昔は「一生モノ」という言葉に魅力を感じました。

 

「一生モノ」は、高級品(や、高級にみえる商品)を売るときの常套句です。たしかに、いいものは長持ちして、ずっと使えるかもしれません。

でもちょっと待ってください。100円のお皿だって、割れなければ一生使えます。ブランドのお皿も、割れてしまえば使えません。

そう考えてみると、「一生モノ」ってけっこう危ういのです。

 

それに、一生つかえるものでも、自分にとって一生お気に入りかどうかはわかりません。「いいものだから」は他人の基準です。

 

世界も、自分も、変化します。20そこそこで、この先ずっと使う品物なんて選べません。(結果としてそうなる、ということはあっても。)

 

仮に「一生モノ」とよべる品物が存在したとして、これまでの人生には必要なかったもの、なくても生きてこられたものが、購入した日から手放せない必需品になるとしたら?

壊したり失ったりすることを恐れるようになるとしたら?

むしろそんなものは手に入れない、所有しないほうが賢明です。

 

ほんとうの「一生モノ」は、自分自身です。

自分自身の健康や、経験や、人間関係です。

モノは、どんなにいいものでもモノでしかありません。