ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

安いものは、生産や流通の過程で、誰かが泣いているから安い

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

消費は投票である。

何を買うか。何を選ぶのか。

 

最近こんな言葉を聞いた。

 

「安いものは、生産や流通の過程で、誰かが泣いているから安いんだよ」

 

あまのじゃくな私は、それなら高いものだって誰かが泣いているかもしれないだろう。

とは思うものの、やはり、ちょっと考えさせられた。 

 

私は、高いものを好んで買うことはしないが、1円でも安く、というタイプでもない。適正価格であれば買う。しかし、適正価格は、もはや崩壊しているのかもしれない。

 

私は、涙を買っているのだろうか。誰かを泣かせているのだろうか。

  

しかし冷静になってください。

このロジックに騙されてはいけません。

 

目指すべきは、「安すぎる商品を駆逐すること」「安すぎる商品を選ばなくてもいいように、経済状況を改善すること」です。

 

好きで安いものを買ってる人ばかりじゃないでしょう。

そんな人に、「だから安いものを買う奴は悪だ」なんて言えますか?

 

あなたが罪悪感を感じる必要はありません。

あなたも、泣いているのではありませんか?

 

私は、誰かを泣かせているかもしれないし、自分もおそらく泣いている。

 

世界を変えようなんて、たいそうなことを言う気はない。

 

せめて、できるだけ笑って生きようと思う。