ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

「無人島に何かひとつだけ持っていくなら?」という質問の、本当の意図は

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

あまりに有名な命題「無人島に何かひとつだけ持っていくなら、何を持っていく?」に対しては、

2種類の解答タイプがあります。

 

1つめは、「生存に役立つもの」を選ぶこと。

2つめは、「自分のもっとも大切なもの」を選ぶこと。

 

ここの認識が違うと、議論は永遠にすれ違います。

 

とはいえ、「1」で回答する方が多いのではないでしょうか。

私の場合は、紙とペンです。(ひとつじゃないですね。すみません。)

一般的には、ナイフなどサバイバル道具の回答が多いかと思うのですが、私はゆとりの軟弱者ですので、そんなサバイバル能力はありません。

紙とペンを選ぶ理由は、「正気を保つのに役立ちそうだから」です。

 

しかし、この命題で忘れられている点がありますよね?

服は着てていいの?という問題です。

 

もし、「衣類も含めて、ひとつだけ」と言われたら、どうしますか?

私は、コートか、もしくは大判の布です。

 

f:id:astudyinscarlet:20151106233317j:plain

 

靴も捨てがたいですが、やはり、コートですね。

 

しかしある人は言います。「1」で答えるのは野暮であると。

この質問は、無人島という極限状態を想定することで、自分の価値観をあぶりだす遊びであるのだ、と。

 

なるほど。それなら、「2」の方を考えてみましょうか。

 

この場合、生存については保証されていると考えるべきでしょう。

もはや無人島は関係なく、「あなたのいちばん大切なものは何ですか?」という質問と、ほとんど同じ意味なのです。

 

大切なもの。

何を持って行きますか?