ミニマリストの小宇宙

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

「ミニマリストの三大分類」への回答 & ミニマリストと節約の関係にもやもやしている方へ

 

ミニマリストの三大分類。~タイプが違えど、みんなミニマリスト。 | ゆとりな人生ゲーム「年100万円生活」

 

私も名乗ってみます。

三大分類  : 機能系、美観系、節約系、とのこと。

 

機能:美観:節約=4:1:5ぐらいです。

女性ミニマリストですが美観はあんまり重視してないです。

まったく気にしないというのは嘘になるので、1割で。

機能のほうが大事。合理的に生きたい。

 

で、「節約」についてちょっと補足。

「節約」っていう言葉だと、ニュアンスが違ってくる気がするので。

 

「節約」が目的ではない

私が求めるのは、「生活コストを下げる」ことで「身軽に、柔軟に、自由に生きられる」ということです。

 

安く買うことより、なくてもいいんじゃないか?ということを考えています。

 

お得とか、コスパとかはあんまり気にしません。

ポイントカードも持ってないです。

 

すべてを失ったときの、再調達コストが低い、というリスクヘッジのつもりです。

 

ただ、「節約目的でミニマリスト」って言われると、なんか違和感があるんですよね。節約を最優先に目指すなら、たぶんミニマリストにはならないと思うんです。

節約が最優先目的なら、まだ使えるモノを捨てたりしないです。

ちょっと高くついても減らしたい、持ちたくない、という気持ちもあります

「とにかく節約」ではなくて、低コストがもたらす自由や解放や選択肢、みたいなものを求めています。

つまり、言葉は「節約」だけど、私が実際求めている本質は「自由」だと思います。

 

実際、節約のための努力はほとんど何もしていません。欲しくない、必要ないから買わない、結果節約になってる。という感じですし。

 

あとは、モノが少ないほうが好きだからです。そのほうが心地いい。

あれ、これもひとつの美観になるのか?

 

私は、「そのときに必要なものだけ」と思っているので、手に入れやすさと、手放しやすさを重視しています。だから安いものが多い。

 

お金があってもたぶん私は変わらないです。上質なモノを手に入れることの喜びは、すぐに褪せてしまう。捨てたくなる。必要以上のモノは、持っていたくないんです。

 

私はこんな感じです。

上質とかこだわりとか厳選とかにはもう疲れたので、意識は高くないです。