ミニマリストの小宇宙

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

過去の自分は他人と思え。未来の自分は今と同じと思え。

 

過去に書いた記事を読み返しては、びっくりするほどいいこと言ってるな自分!と思ったり、なんてこと書いてるんだと絶望したりしています。

 

「生物と無生物のあいだ」

こちらの本によると、細胞レベルでは昨日の自分はまったくの別人だそう。

全部入れ替わってるらしいです。

なるほど、別人なら仕方ない。

 

 

「スタンフォードの自分を変える教室」

でも、未来に過度に期待するのは禁物です。ケリー・マクゴニガル氏によれば、人間は未来の自分を過大評価するとのこと。

今は面倒だから、あとで掃除しよう。

今日は疲れたから、明日整理しよう。

今週は忙しいから、来週・・・

こんな感じで、未来の自分ならできると思ってしまうようです。耳が痛いですね。

 

 

未来の自分は今とまったく同じではない。ただ、なんの努力もしないのに勝手に「できる自分」になってくれるわけではないのです。

明日になっても怠惰は治らない。そのことは自覚しておいたほうがよさそうです。

こんな記事を書いておきながら、「明日になったら掃除して、部屋の写真をとって、記事にしよう」などと考えているのだから、怠惰というのは本当にどうしようもない。