ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

「死ぬまでに読むべき小説1000冊」と、「読むべき本リスト」の使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

1000冊のリスト

英ガーディアン紙が選ぶ「死ぬまでに読むべき」必読小説1000冊 – iREAD @ YuriL

 

読むべき1000冊の中から、おすすめ作品を選びました

 

1000冊は多すぎますから、この中からおすすめの作品を3冊選びました。わたしの独断です。

 

 

 

 

「死ぬまでに読むべき本リスト」との付き合い方

このようなリストは楽しいし参考になる。

こういう機会でもなければ知ることができない本もあるし、他の人が何を読んでるのかを知るのもまた楽しい。

 

しかし気をつけたいのが、「リストの消化が目的化してしまう」ことだ。

他人が作ったリストを消化するのに興じすぎてはいけない。

 

また、読んでいないことに後ろめたさや劣等感を感じる必要はない。

リストによって内容はかなり違う。「絶対に読むべき」というのは、誰かの主観だ。

 

あなたが読むべき本は誰も教えてくれない。そのようなリストは存在しない。

 

いや、そもそも、「読むべき」というのが何か変だ。読みたいから読むだけだ。 

趣味が義務になってしまうのは、その趣味の世界で「認められたい」と思うからではないか?

 

「読書好きなのに、◯◯読んでないの?」 

 

などと言われても、そのような意見は気にしなくて良い。

だいたい本気で思っているわけではないのだ。◯◯を読んだ自分は読書家!とアピールしているだけだ。

趣味は個人的なもの。人と比べる必要も、誰かに認めてもらう必要もない

 

自分が読みたいものを、好きなペースで楽しめばいい。

それだけだと出会えない本もあるから、ときどきこのようなリストを見るのだ。

 

他人のおすすめ本を1000冊読破するより、大切な1冊に出会うことのほうが価値がある。

 

参考

リストは、こちらで知りました。 

» 死ぬまでに読むべき小説1000冊の中で、実際に読んだことがある20冊 かくれんぼ戦略

やってみた!「死ぬまでに読むべき小説1000冊」で実際に読んだ本たち - 物を捨てきれないなりにミニマリスト目指す。物を捨てきれないなりにミニマリスト目指す。