ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

「ていねい」は、過程を増やしたり、複雑にすることとは違う

 

ていねいに生きる。

ていねいに暮らす。

 

素敵なことだと思います。でも、それが義務になると、苦しくなる。

「ていねい」を欲張ると、逆に大量の「作業」に追われるようになってしまう。

ていねいに暮らそうとして、疲れてしまうのは本末転倒です。

 

私は「ていねい」は気持ちの問題だと思っているので、インスタントのコーヒーでもていねいに淹れられます。

注ぐ前にカップを温めるだけでも、ていねいだと感じます。

 

以前は、ミルで豆を挽いたり、多少凝ったことをしていました。

しかしこだわりが多すぎると、コーヒーを淹れるだけのことが億劫に感じるようになってしまいます。

 

ていねいに暮らすということは、雑誌の中の「ていねいな暮らし」のライフスタイルを形だけ真似することではありません。

 

ていねいにすることは、過程を増やしたり、複雑にすることとは違います。

こだわりの道具も必要ありません。

簡単なことを、ていねいに行うこともできるのです。

 

ていねいは、目の前のことに集中すること。