ミニマリストの小宇宙

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

趣味は個人的なもの。人と比べる必要も、誰かに認めてもらう必要もない

考えたこと

 

ブログは好きなこと書いてるだけだし特にがんばってない。書かない日もあるし。ウォーキングも、歩きたくなったときにふらっと出かけるだけだ。ブログもウォーキングも、はじめた頃は毎日続けようとがんばっていた気がする。読書もそうだ。毎月20冊は読もう、とか、無駄にがんばっていた。

いつのまにか全部「好きでやってるだけ」になっていた。これはたぶんいいことだ。以前は、誰に強制されたわけでもないのに、自分で自分にルールやノルマを課し、勝手に苦しくなっていた。もはや意味がわからない。真面目なタイプは、こういう罠に陥りやすい。

量は求めない。自分に強制しない。ただの趣味に、変な使命感はむしろ毒だ。一度やめてみると、本当にやりたいことかどうかわかる。

現在は、書くことだけでけっこう満足していると気づいたので、書いても公開しないこともある。書いた時間が無駄とは思わない。公開を目的としないけど書く、正真正銘の遊び、趣味なのだ。無理に更新しなくていいと思っている。ウォーキングも、飽きたら10分で帰ってきたりする。それでも、リフレッシュするには十分だ。 興味が持てない本を無理に読み進めることもしなくなった。今は読むべきときではないのだ、と受け入れる。(・・・なんて言うとかっこいいですが、単に私の頭が足りないだけです)電子書籍は、途中で放棄することへのハードルが低い。本を置いておくと、目に入るたびに「読まなきゃ・・・」とストレスを感じるので、どうしても読む気がしなければ読了しないで手放したりもする。ずっとストレス抱えてるよりはるかに健全だ。

好きでやっていることなのに、「趣味」という自覚が生まれると、こじらせることがある。読書が趣味って言うためには〇冊は読まなきゃ、とか、映画好きなら〇〇は見ておかなきゃ、とか。 

趣味は個人的なもの。人と比べる必要も、誰かに認めてもらう必要もない。 

見栄、使命感、自責、劣等感、優越感。このような毒は抜いて、純粋に楽しい部分だけ享受したい。

趣味は、本来やらなくてもいいこと。私が「毎日、何の苦もなくやっている」趣味は、インターネットぐらいなものです。(インターネットが趣味、という自覚がある人は少ないと思いますが)趣味の時間を確保したいけど、ついネットを見てしまう。という方、 インターネットを見ることも趣味であると認識すると、罪悪感が減りますよ。