ミニマリストの小宇宙

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

テレビを見ることをやめた私がテレビを欲するとき

 

ひとりは忙しい。やりたいことはいくらでもある。テレビを見る時間などない。

あまり親しいわけでもない人といるのは、退屈だ。やることがない。

そんなときはテレビがあると少しマシだ。見てるフリだけでも。

そんな風に思っていたら、こんな文章をみつけた。

 

 

「男の人はどうしてテレビが好きなのか?」という話。

男の人たちは、所在ないのだ。それがたとえ最愛の恋人の部屋であっても。皆で親しく過ごす宿の部屋であっても。そして自分の家でさえ。

 

テレビが好きなわけではないのだ。テレビは、所在のなさを埋めるのにちょうどいい。これは男性に限ったことではないだろう。

私がテレビを欲するとき、それは自分の時間を過ごしていないときだ。