ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

無駄が文化を生むという話について

 

たけしさんがミニマリストを一蹴したそうで。

 

阿川佐和子は、無駄こそが人間の良さだと切り出し、ミニマリストに疑問を呈する。すると、たけしも「文化っていうのは無駄だからね」と、無駄の必要性を訴えたのだ。

たけしはミニマリストの無欲な生活からは、文化的価値の発展や創造が難しいと感じたようで、「慎ましく生きたら『文化ってあるのかな?』って(思っちゃう)」と意見していた。

ビートたけし 無駄を排除するミニマリストを一蹴「文化とは無駄」 - ライブドアニュース

 

無欲ってわけでもないですよ

無駄、というか、余暇や余剰が文化を生むのは事実だと思います。哲学のような無形のものもそうですね。世の中から、一切の無駄がなくなればいいとは思いません。

ミニマリストが「無駄を排除する」というのは、「自分の生活の中にある、自分にとって無駄なものをなくす」という意味だと思います。

 

つつましく生きるのとはちょっと違う。

ミニマリストは禁欲でも無欲でもない。

自分にとっての大事なものにフォーカスして、人生の満足度を上げる。

(私の場合はそんな高尚なものではありませんが)

無駄な文化をつくるためには、無駄なことはしていられない。 

 

世界は豊かで、多様で、その無駄を楽しめるから、自分は「所有」する必要がない。

なにもない世界を望んでいるわけではありません。

 

私は本を読むことや、音楽を聴くことに、それなりに消費もしています。 

そしてブログなどというたいへん「無駄」なことも楽しんでやっています。

 「無駄を排除して得た時間」で。

インターネット空間に「無駄」を増やしているのです。 

でも、それも誰かにとっては有意義なものかもしれません。

(有意義じゃないかもしれないけど)

ミニマリストも、無駄を、文化を、作っています。

 

ミニマリストがTVで叩かれるのは、ある程度仕方ないことだと思っています。

だってTV持ってないですから。

 

ミニマリストは消費社会のフリーライダーか?

フリー世界と「ゼロ円ファン」