ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

ハンドクリームを塗らないハンドケア

 

f:id:astudyinscarlet:20151112090931j:plain

 

ハンドクリーム、ネイルオイルなどは持っていません。乾燥するときは、ワセリンをごく少量使用します。本当に少量で大丈夫です。ハンドケアには、保湿よりも、乾燥させないことのほうが効果があります。

 

食器洗いや掃除には手袋を着用

油汚れもしっかり落ちる食器用洗剤は、脱脂力がとても高いです。洗剤で顔を洗うのは抵抗ありますよね。手の肌も同じです。水仕事はゴム手袋、それ以外の作業(梱包や自転車のメンテナンス等)は軍手を使用しています。

 

お湯の温度を下げる

冷水でなくてもいいですが、手に触れる水の温度は極力下げることをおすすめします。

 

手を拭くときはやさしく

摩擦も乾燥の原因になります。手を拭くときはこすらず、水分をタオルに吸わせるようにしています。 

 

ハンドクリームは逆効果?

「化粧品がかえって肌に悪い」とする立場をとるならば、ハンドクリームも例外ではありません。

専門外なので真偽はわかりませんが、美容のために熱心に塗りこむようなものではないかもしれないということは念頭に置いておくとよいかと思います。私は化粧品や食品の成分・添加物についてはどの説も信じない主義であり、何かが肌や健康や環境に良い/悪いと強く主張する人は「何かしらの利害関係者」もしくは「前者の主張を信じやすい人」である可能性が高いと思っています。もちろん識者の方もいっしゃるでしょうが、素人が見分けることは困難です。情報の非対称性ですね。

科学的根拠などむずかしい話は抜きにして、私の場合は実際「塗らなくても大丈夫」でした。以前はハンドクリームが手放せず一日に何回も塗っていましたが、やめても大丈夫どころか、塗らなくなった今のほうがかえって乾燥しなくなったように思います。寝るときの手袋もやめました。

ハンドクリームをやめると、スマホやキーボードや身の回りのいろいろなものに油分がついたり、手がすべったり、手を洗ったときにぬるっとしたりすることがなくなって、快適です。料理のときも衛生的。

「何もつけない」宇津木式スキンケア