ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

何も行動していないから、似たような自己啓発本を読み続けている

 

たくさんのビジネス書や自己啓発本を読み、

その言葉に感銘を受け、

そして、

 

すぐに忘れた。

 

 

そしてまた別の本を読むのだ。何も変わらないまま。

 

自己啓発本に書かれていることなんてどれも似たようなものだ。

 

目新しいことなどは書かれていない。

 

知っているかどうかではなく、やるかやらないか。

 

やる人は少ない。それが成功者たちだ。

 

行動することは、現状を変えること。

大変だし、リスクもある。

行動した結果、うまくいく保証はない。

行動しない者は、何もしないことで、夢を見続けていられるのだ。

 

我々の半端な向上心めいたものは、おそらく周到にマーケティングされている。 

 

最新のビジネス書はとても読みやすい。

そんなに努力とかする気はないけど、何かをがんばってみたい。変わりたい。

そういう需要にちょうどよくできているのだ。

 

切り口とパッケージを変えただけの新しい本が次々出版される。

 

本を買うことで、変化まで手に入れたような気持ちにさせる。

行動しない者たちの、なんとなくの願望を満たす。

これはそういう消費だ。うまいことできている。

 

一時的に気分は昂揚するが、翌日には忘れてしまう。

いつもと同じようにだらだら過ごし、再び本を開くことはない。

 

 

そしてまた、「変わりたい」と本など買ってみるのである。

 

 

現状を変えたいなら、読んで満足するのをやめることだ。

 

何もしなければ何も変わらない。

本を有益にするのは自身の行動だ。

 

何も行動していないから、似たような自己啓発本を読み続けている。

 

「やりたいことがない」ことに悩む、すべての方へ - ミニマリストの小宇宙

 

紹介していただきました

自分の書いた文章が、誰かに影響を与えること、それも、どうやら「役に立った」らしいこと。

ありがたいなあ、と思う一方、自分が過去に書いた記事に驚きました。

 

ブログを書くこと、残すこと、公開すること、のメリットをあらためて感じました。

にゃむさん、ありがとうございました。