ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

生活や言動が「ミニマリスト」に囚われるようになったら終わりだと思っている

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ミニマリストのパブリックイメージは「なんにもないすっきり部屋に厳選した上質なものを少しだけ持つおしゃれで豊かな暮らし」になりつつある。

少なくとも、ミニマリスト本ではそのように演出されている。

(TVはちょっと違うようですが)

 

みなさん素敵だと思いますが、それが「ミニマリスト」なら私は違うな、と思います。

何が正しいかという話ではなく、自分の求めているものとは違う、ということです。 

 

私はもともと「ミニマリストを知ってミニマリストになった」わけではなく、ミニマリストという言葉ができたから、利用したにすぎません。 

 

ミニマムになろうと思ったのは今から約7年前。当時はまだ「ミニマリスト」という言葉は知りませんでした。

ミニマリストになるまで

 

私は「ミニマリスト」という言葉が現時点でいちばん自分の考えに近いし、キャッチ―でわかりやすい、という理由で「ミニマリスト」と言っています。

ミニマリストを名乗るわけ

 

ミニマリストが世間に広まりつつある今、「ミニマリストを名乗る」ことで、かえって自分の思いが伝わりにくくなっているのではないだろうか? 

持ち物が少ないことはすごいことでも偉いことでもない。かっこいいことでも、憧れられるようなことでもない。

私の意見や主張がおもしろいからという理由の取材であればいくらでも受けたいのだが、ミニマリストだからという理由であればそれはどうなんだと思ってしまう。 

モノを持たないことで有名になるのは本望ではない。

ミニマリストなどという自覚や自意識を持つから、ミニマリストを名乗ってブログを発信するから、このようなジレンマが発生するのだろう。 

 

自分に対して「ミニマリストらしく、ミニマリストブロガーらしく振る舞う」ことを求めるようになったら終わりだと思っている。

言葉を利用したつもりが言葉に振り回されるようでは本末転倒だろう。 

 

私は「正しいミニマリスト」を体現するために生きるわけではありません。

「ささやかながら、反論をさせていただきます。」あらゆるミニマリストの皆様へ。ミニマリストを批判したい方へ。そして、意識高い系のミニマリズムにちょっと疲れてしまった方へ。

 

言葉や定義にこだわるより、「自分がどう生きたいか?」が先に来るべきですね。

ミニマリストを名乗るわけ

 

必要なものだけで小さく身軽に暮らしたい、という考えは変わらないが、「ミニマリスト」という言葉には少しずつ閉塞感を感じ始めている。 

 

私が最初に知った人々は、効率や幸福やメリットという言葉は一切語らなかった。

わかってもらえないけど、自分は何もない方が好きだから、要らないから、このほうが落ち着くから、という、それだけの人たちだったし、同じ生活を人に薦めたりもしなかった。

もともと、彼らのスタイルを指す言葉はなかった。

近いと思った言葉は、もはや扱いきれないほど大きくなった。

個人が何を主張しようと、ミニマリストのパブリックイメージはメディアに出ている「ミニマリスト」だ。

ミニマリストを名乗れば、「パブリックイメージのミニマリストが牽引するミニマリストクラスタ」へのカテゴライズも覚悟しなければならないだろう。

 ・・・それってなんか不自由だよなあ。

 

しかし「ミニマリストを名乗るのをやめるべきかどうか」なんて、真剣に悩むことじゃないですね。