ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

「ミニマリストって言うのやめます」 にあたり

 

ミニマリストの自称をやめることにしました。「ミニマリストをやめる」というのとは少し違うのですが。 

 

こちらの記事にご意見いただきました。

大量消費やブランド志向、もっと新しいもの、もっといいもの、もっと人と違うもの、エンドレスな記号ゲームから降り、自分にとっての必要のみを求めていたつもりが、いつのまにかミニマリストそれ自体が記号、すなわち、消費対象となる。

「ミニマリスト」という消費。記号ゲームは続いている。

 

記号から逃げたかったのに、身軽になりたかったのに、ミニマリストという言葉自体が記号と化した。人によっては称号かもしれないけれど、僕にとっては足枷に感じた。 

僕はミニマリストという枠に入りたいわけではないから、「『ミニマリスト』は属性の1つということで納得してもらえないだろうか。 」なんていう記事を書いて、定義されることに異を唱えた。特定のイメージを持たれるのは嫌だったからだ。

ミニマリストを名乗ると、余計なものも同時に背負うような…そんな印象を受けるようになってしまった。

僕には「ミニマリスト」という記号は不要。「ミニマリズム」という価値観があればいい。 | ゆとりな人生ゲーム「年100万円生活」

 

そうなんですよね。「ミニマリストという枠に入りたいわけではない」し、そもそも「ミニマリスト」というものに「なりたい」わけじゃない。

記事にもコメントさせていただきましたが、以下が私の率直な思いです。

 

平積みのミニマリスト本、みなさん素敵なんですけど、それが「ミニマリスト」なら私の求めるものとは違うな、と思いますし、ミニマリストを名乗ることで、そういう素敵な暮らしに憧れて真似をするフォロワーみたいに見えてしまうのもなんだかなあ、という感じです。

 

私の生活や消費傾向は何も変わりませんが、名乗るのはやめます。

いらないものや邪魔なものは持たない。

必要以上にこだわらない。

身軽でいたい。

使っているものへの愛着はあるけど、必要ないものにまで執着しない。 

やりたいことをやる。

やりたくないことは(極力)やらない。

「なにもしない」のも、大事な「やりたいこと」。

「やりたいことがない」ことに悩む、すべての方へ

 

シンプルな話だ。「必要最小限」とか言うからややこしくなるんだろう。

 

「何をもって最小とするのか」は玉虫色です。「自分にとって」と付ければどこまでも拡大可能な曖昧なものです。

ミニマリストを名乗るわけ

 

私にとってミニマリストは目的じゃないし、手段でもない

そもそも、ミニマリズムは主義・思想なので、手段でも目的でもないです。

明確な目的はなく、ただ自分が心地いいように、好きなように暮らしているだけです。

「ミニマリストは手段が目的化しているのでは?」という質問に対する、「目的なきミニマリスト」の回答

 

主義・思想なんていうとカッコイイですが、私の場合は単純にそのほうが好きだから。心地いいから。

主義なんていうより、嗜好と言ったほうがしっくり来るような気がします。

 

欲しくない、必要ないから買わない、結果節約になってる。という感じですし。

「ミニマリストの三大分類」への回答 & ミニマリストと節約の関係にもやもやしている方へ

 

言葉にとらわれると不自由になる

私は「正しいミニマリスト」を体現するために生きるわけではありません。

「少ないことが豊か」じゃなくて、「自分の好きな生き方ができることが豊か」なんです。

「ささやかながら、反論をさせていただきます。」あらゆるミニマリストの皆様へ。ミニマリストを批判したい方へ。そして、意識高い系のミニマリズムにちょっと疲れてしまった方へ。

 

言葉や定義にこだわるより、「自分がどう生きたいか?」が先に来るべきですね。

ミニマリストを名乗るわけ

 

自分に対して「ミニマリストらしく、ミニマリストブロガーらしく振る舞う」ことを求めるようになったら終わりだと思っている。

言葉を利用したつもりが言葉に振り回されるようでは本末転倒だろう。

生活や言動が「ミニマリスト」に囚われるようになったら終わりだと思っている

 

ブログタイトルはそのまま

ミニマリストの方だけでなく、価値観や考え方に興味のある方、ミニマリストに懐疑的な方などにも幅広く読んでいただければと思っています。

ブログは細々ですが続けますので、ときどき覗いてもらえるとうれしいです。