ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

100円のものでも大事にすればいいと思う

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

安物買いの銭失い。

安かろう悪かろう。

 

安いことは何かと目の敵にされがちです。

断捨離したら、100円ショップで買ったものはほとんど残らなかった、なんて話もよく聞きますね。

 

私は、安いから、100円だから悪いとは思いません。

たしかに、作りが甘かったり、すぐに壊れたりするものも中にはあるでしょう。

しかしそれは、手にとって見れば判断できることですし、用途によっては、それで十分な場合もあります。 

 

その品物が悪いのではないのです。

安いからといって、たいして必要もない商品を買うから、ゴミになるのです。 

 

気兼ねなく使えることも、安い商品の利点です。

しかし安物だからといってぞんざいに扱うのは、あまりいい気がしません。高いものしか大事にしない、というのは品がないように感じます。 

自分が気に入って使っているのであれば、大事にすればいいと思います。

(いらないものまで大事にする必要はありませんが)

 

値段は市場での価値です。自分にとっての価値ではありません。

100万円のブランドバッグも、いらない人にはいらないのですから。