ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

少ない食器で暮らす・実は万能なカフェオレボウル

 

f:id:astudyinscarlet:20160309113249j:image

 

お気に入りは買うものではなく、使うことで、自然とそうなっていくものだとわかったのです。

ミニマリストになるまで

 

食器や調理器具というのは、吟味して買ったものでなくとも、使っているうちに自然と愛着がわきます。生活の道具だからでしょうか。 

 

持っている食器の中で一番長く使っているのがカフェオレボウル。8年ぐらい前、キッチン雑貨の店で1000円ぐらいで買ったもの。

 

カフェオレボウルですが、カフェオレを入れたことはありません。

お椀として使っています。

ごはんや味噌汁、スープを入れるほか、ヨーグルトやシリアルのボウルとして、鍋やおでんの取り皿としても。お茶漬けにもちょうどいいサイズ。 

 

カフェオレボウルなんていう名前なので、カフェオレ専用のオシャレアイテムのようですが、意外にも汎用性が高く、和洋問わず使えます。

 

一度割ってしまったのですが、このサイズが使いやすく、同じものを買いました。それぐらい使い勝手がいいです。

買ったときは、こんなに重宝するとは思いませんでしたが、道具ってそういうものだと思います。

便利そうだと買ったものはたいして使わず、必要に駆られてとりあえず買ったものはいつのまにか生活の一部になっている。

 

手に入れる前にどんなに吟味しても、実際に使ってみなければわかりませんね。