ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

「消費は投票」と言うけれど、1円の格差は1票の格差どころではない

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

f:id:astudyinscarlet:20170701110656j:plain

 

 

1円の価値は万人に等しいか?

1円で何が買えるか、は、誰の1円であろうとみな同じだ。(同じ時点においては。)

しかし個人にとっての1円の価値は同じではない。個人が1円に感じる価値は、持っている資産や収入や支出に対する割合はもちろん、「どれだけお金を重視するか」という価値観によっても変わる。

 

 消費は「投票」だが、「普通選挙」ではない

持っている票の数が違う。AKBの選挙と同じく、「お金を持っている人、使ってくれる人」の意見を尊重する選挙である。ある意味合理的であるが、歪みも生む。

たとえば、AKBのAさんは誰からも愛されて幅広い層に人気があるとする。しかしライトファンばかりなのでCDは買わなかったり、買うとしても1枚しか買わない。

Kさんは一部のファンから絶大な人気があり、KさんのファンはCDを買えるだけ買う。

Bさんはあまり人気がないが、Bさんの家は資産家で、Bさんに投票するためCDを1000万枚買った。

この選挙でBさんがもっとも票を集めることは、「Bさんが一番人気がある」ということを意味しない。人気投票として見るならば、適切とはいえないだろう。

仮に1人1票であればAさんの圧勝、投票率が下がるにつれKさんが肉迫していくという展開が予想される。

多数派の意見を聞くならAさん、ステークホルダー(ここでは、お金を落とすファン)の意見を聞くならKさん、一部の特権階級の意見を聞くならBさん、というイメージだ。

多数派/ステークホルダー/特権階級、は、

ハコモノはいらない国民、仕事が欲しいゼネコン、地元にハコモノを作りたい有力者、みたいなイメージに置きかえてもいい。 

消費は「格差選挙」。「お金を持っている人、使ってくれる人」の意見を偏重する選挙である。

 

自分目線か、他人目線か

私は100円の財布を使っている。(私が使っている、abrAsusよりシンプルな財布)

100円の財布なんて、と思われても、特に不自由はないし満足している。

しかし、「まわりはみんな数万円の財布を使っているし、社会人ならそれぐらいのものを持つべきかな」というような、自分の感覚より、人の目、常識や世間体を優先する消費というのは少なくないだろう。

「みんな持っているから」「社会人ならそれぐらいのものを持つべきかな」という消費は、「美人投票」に近いものがある。 

 

「美人投票」とは

美人コンテストで、自分が 「この人は美人だな」と思う人に投票するのではなく、「みんなはこの人が美人だというだろうな」と思う人に投票する方法だ。

この方法では、「自分が美人だと思う人」で投票を行ったときとは異なる結果になる場合がある。

 

AKBの選挙は美人投票ではない。昔、「どっちの料理ショー(※)」というTV番組があったが、あれが美人投票。株式市場も美人投票の例としてよく挙げられる。

 

(※)2人のシェフがそれぞれ料理を作ってプレゼンし、出演者はどちらが食べたいかを投票する。多数派を選んだ人はその料理が食べられるが、少数派を選んだ人は何も食べられない。よって出演者は、「自分がどちらを食べたいか」ではなく、「どちらが人気を集めるか」を予想して投票する、という行動をとる。

 

「美人投票」的な消費

例えば洋服を選ぶ際、年齢などで着たい服をあきらめて、無難な服を買うこと。

流行っているからというだけで流行の服を買うこと。

その服が好みだったり、気に入ったからという「自分が着たいから」という理由ではなく、好感を持たれそう、仕事ができるように見えそう、信頼されそう、おしゃれに思われそう、など、自分ではなく「他人から見て」この服をいいと思うだろうなというものを選ぶ消費は、ある意味「美人投票」ではないだろうか。

自分の着たい服ではなく、世間で望まれる服、「着るべき」とされているであろう服を選んでいるのだ。

 

これらの消費の満足度は低い。自分の欲求に基づくものではないからだ。

美人投票的な消費がある以上、売れていることをもって純粋に「消費者の望むもの」であるということはできない。 

 

消費は投票、の疑問点

消費を投票と言いきってしまうには、

・持っている票の数が違う「格差選挙」である

・自分の好みや欲求に基づくものではない「美人投票」がかなりの割合混じっている

という点から疑問がある。 

さらに、

・欲しいものがなければ投票できない

・欲しいものが高額だと投票できない

 という問題もある。売っていないものを買うことはできない。

(前者は、政治の選挙でもいえることですね。投票したい候補者がいないという。) 

 

 1円の格差は、1票の格差どころではないから

他人目線の「美人投票」ではなく、「自分の好みや価値観に基づく投票」。

ちゃんと考えて、有意義に投票したいものです。