ミニマリストの小宇宙

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

うっかり捨ててしまったことを死ぬほど後悔した話

 

捨てて後悔したものは何もない。捨てるつもりで捨てたものについていえばそうだ。

しかし「うっかり」捨ててしまった場合は別である。

 

うっかり捨ててしまったもの

これから公開するブログ記事を消してしまった。それも3つである。まったくどうかしている。 

あの瞬間のわたしに関して言えば、時間を10秒前に戻してくれるなら、いくら積んだか知れない。わたしの文章にそれほどの価値があるはずもないのだが。

 

失ったものは美しく見える。きっとそうだ。もし何かの拍子に復元されでもしたら、あまりの内容のなさにがっかりするに違いない。たいしたことなど書いていない。そうに違いない。

 

そうは言っても執着捨てがたく、未練がましくも再現を試みる。幸いにも、最初のひとことは覚えている。「冷蔵庫の中身を使い切りたい。」である。

ああそうだった、こういうことを書いた、という部分もあれば、こんな表現ではなかったはずだが、という部分もあれば、すっかり忘れてしまっている部分もある。

どちらにしても、なんとか再現したそれはたいした内容の文章ではなかった。

 

こんなものがあれほど惜しかったのか。やはり一度失ったものというのは美しく見えるようだ。あんなに傑作だと思っていたのに、そのクオリティといったら、むしろ公開するのがはばかられるくらいなのである。まったく情けない。過去に書いたものへの未練など、まっさきに捨てるべきであった。 

 

失ったものは美しく見える

「捨てなきゃ良かったなあ」というモノも、いざ取り戻してみたら、案外たいしたことないかもしれませんよ。

思い出は美化されているものです。

捨てて後悔したものは何もない。人は後悔を重ねて生きていく