ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

間食で痩せる & 集中力アップ。「疲れない脳をつくる生活習慣」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

▼この記事の続きです。

イライラしたら息を吐く。「疲れない脳をつくる生活習慣」

 

 

血糖値を制するものは仕事を制する 

石川氏によれば、「血糖値を制するものは仕事を制する」とのこと。低血糖になると頭が働かない。集中するためには、血糖値が下がらないように、一定に保つ必要があります。 

 

間食で血糖値をコントロール

血糖値を一定に保つには、お腹が空いていなくても、3~4時間ごとに間食をするのがいいのだとか。「お腹が空いた」「疲れた」と感じたときにはすでに血糖値は下がっているから、それでは遅い。疲れたと感じる前に、予防的に採っておく。

といっても、甘いものやエナジードリンクで急激に血糖値を上げても30分ほどしか持たないのだそうです。さらに、急激に上がった血糖値は急激に下がるため、その後の数時間はかえって辛くなる。

 

血糖値をコントロールする食べもの

じゃあ何を食べたら良いのかというと、炭水化物や糖分が少ないもの。代表的なものは、「ナッツ」だそうです。ナッツなら気軽につまみやすいですね。

美容と健康に。ナッツの種類と効果いろいろ

 

これもさっそくやってます。もともとナッツは常備してつまんでいるのですが、血糖値のことも意識して摂るようになりました。

 

太るのは、「食べなさすぎ」が原因?

食事の間隔が空けば空くほど、血糖値は急激に上がりやすくなる。血糖値が急激に上がると、脂肪になりやすいのだそうです。だから、1日2食の人は、同じものを食べても太りやすい。炭水化物や糖分が少ないものを、こまめに食べたほうが太りにくいとのこと。 

 

何が正しいかなんてわからない

食べない健康法なんかもあるので、何が正しいのか素人にはわかりませんが、わたしにとっては「こまめにナッツをつまむ」というのはたいへん都合のいい方法です。

何かを頑張ったり我慢したりするのは続きませんからね。同じナッツを食べるにしても、こういう意識を持っていると、カロリーを気にしながら食べるよりいいと思います。プラシーボ。

ナッツを食べて集中力を保ちつつ、体型維持。

食べ過ぎには注意。

 

参考

 

ストレスコントロール、糖質コントロール、睡眠のコントロールを効果的に
行うための科学的なアプローチが注目されています。
その内容を今日から実践できるレベルにまで落とし込みました。
疲れない、だらけない、怒らない毎日を過ごすためのウエルネスバイブルです。