ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

ミツカン「カンタン酢」で簡単ピクルス作り

 

浅漬けの次はピクルス作りをしようと画策する。

きゅうりの浅漬け

 

ピクルスのレシピを調べる。本格的なものはどこまでも本格的である。

煮たり寝かせたり濾したりハーブを漬けたりなどしてピクルス液なるものを作り、それで野菜を漬けるのだ。

酢、砂糖、はちみつ、白ワイン、ローリエ、ブラックペッパー、材料がバラバラで混乱するが、そこでミツカンの「カンタン酢」なるものを知る。

これで漬けるだけでピクルスができるという。

 

ミツカン カンタン酢 1000ml

 

しかしピクルスとはそもそも何なのだろうか。洋風の漬物?

調べてみたら、ピクルスとは漬物のことらしい。つまりきゅうりの浅漬けもピクルスであるということになる。

日本では主に欧風のものをピクルスと呼ぶ、と書いてあるから、定義などは曖昧なものなのだろう。 

 

f:id:astudyinscarlet:20160618220558j:plain

 

野菜を洗って、切って、カンタン酢で漬けるだけ。作り方、などというのもはばかられるくらい簡単である。

ちょっとだけアレンジして、スライスしたにんにくをいっしょに漬けた。

 

ミツカンの調味液に漬けるだけなので失敗のしようがないのだが、贅沢を言えばわたしの好みよりちょっと甘い。

今度はピクルス液から作ることにしようか。最初はおっくうだったが、一度その気になってしまえばたいした手間には感じない。

本格的なものを作るのであれば、保存瓶も必要だろうか?

 

こうして台所にものが増えてゆくのだろう。気を付けなければ。