ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

こだわらなくなった今の方が好きなものに囲まれていると思う  

 

お気に入りだけの生活にあこがれて、お店やネットを探しまわったり、評判を調べたり、吟味してモノを選んでいた頃よりも、それほどこだわらなくなった今の方が好きなものに囲まれていると思う。

単純に「それほど気に入っていないもの」が減ったから、というのもあるが、それだけではなく、「お気に入り」の質が違うような気がするのだ。クローゼットに並べて「可愛いー」と眺めるようなお気に入りではなく、手に馴染んだ道具としてのお気に入り、とでも言うべきものである。

 

わたしは所持品を一気に捨てたタイプではない。ある程度はすぐに処分したものの、そこから先は数年かけて徐々に減らしていった。

今持っているものの多くは、淘汰されて自然と残ったものだ。

生活に馴染んだ道具は、手に入れる前の、見た目の良さや人の評価だけではわからない部分、「自分にとっての使い心地」という点をクリアしている。 もちろん100点ではないけれど、足りない分は「使ってきた愛着」が埋めてくれる。

いいものを手に入れようとすることをやめると、自然と必要なものや心地良いものが残る。

新品のときめきはすぐに褪せてしまうが、使い込んだ愛着はそう簡単に褪せるものではない。