ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

防災グッズの話。「備える」には「想像する」ことが必要

 

自室にTVはなく、新聞もネットニュースも見ないので、たまに夜にラジオを聞くぐらいしかニュースを知る機会がない。今朝、リビングを通りかかるとTVの画面が地震・津波を伝えていた。詳しいことはわからなかったが、とりあえず、自分は避難しろと言われている対象ではないようだ。わたしは会社に行かなければいけないので、それ以上ニュースを見ることも、インターネットで検索することも選択肢にはなかった。ひとつだけ、いつもと違う行動をとった。充電していたスマートフォンをかばんに入れる際に、少し考えて、充電ケーブルもいっしょにかばんに入れた。

 

こんなことをして何になるのだろう。電気がなくなればこれだって役には立たない。そうは思うが、これだけでなんとなく安心感も覚える。わたしの理想は、普段持っているものだけで有事の際もなんとかなる、ということだが、これはなかなか難しい。普段めったに使うことのないケーブルやバッテリーを、有事の時のために持ち歩くべきかどうか。

 

3.11の直後(ということは、もう5年以上も前の話だ)、防災グッズを持ち歩いていたことがある。ちゃんとしたものではない。自分で考えた、自分なりの防災グッズである。小さなポーチにまとめていた。中身は、

・ビニールのレジ袋

・ポケットティッシュ

・マスク

・綿の手袋

・クレンジングシート(個包装の1回分)

・化粧用オイルの小瓶(2.5mlくらいのサンプル)

・ラベンダーの精油

・抗菌ジェル

・常備薬

・絆創膏

・生理用品

・ヘアゴム

・使い捨てカイロ

・筆記用具(メモ帳と、ぺんてるのサインペン)

 

覚えているのはこんなところだ。他にも入れていたかもしれない。バイト先でもらった新聞もかばんに入れていた。具体的にどう役に立つかは分からないが、何かの役に立つだろうと思っていたのだ。

水や食料については用意していなかった。こういうものは真っ先に届けられるだろうと思ったからだ。自分だけ持っていると、場合によってはトラブルの元にもなる。それよりも、わたしは化粧の心配をしていた。当時は人並みに化粧をしていたので、有事の際は、クレンジングシートで化粧を落とし、オイルで保湿し、マスクをつけて過ごそう、というように、しっかり計画まで立てていた。「化粧を落とすことができない」というのはかなりのストレスとなるだろうから、クレンジングは必須。水が使えるかわからないから、シートで拭きとるタイプ。素顔のまま人に会ったり(TVクルーや素人ジャーナリストに無断で撮影される危険すらある)、無防備に紫外線を浴びたりすることもストレスになるから、マスクは精神的な支えとなる。また、髪をまとめられない、ということもストレスになるから、ヘアゴムも入れておく。命の危険があるときに、こういうことを考えていられる余裕があるのかわからないが、ただでさえストレスフルな状況だろうから、自分でなんとかできるストレスは極力減らそう、と考えた結果だ。命に直結する水や食料と違って、こういうものは生存に絶対必要というわけではないから、初期の物資としても届かないだろうし、また、こういうものをリクエストすることも憚られる。だから自分で持っておくのが良いだろうと思っていたのだ。生ぬるい「防災グッズ」だが、こんな内容でも当時はそれなりに真面目に考えていたと思う。

 

命を失えば、念入りに用意した防災グッズなど何の役にも立ちはしない。命さえ助かればどうにでもなる、と言うのは容易いが、本当に大変な目に遭ったことがないからそんなことが言えるのかもしれない。「備える」ということには、想像することが必要だ。どんな状況が起こりうるか、どう対処するか、そのために何が必要か。それでも想定していない状況はいくらでも起こりうるし、万全の備えなどはないから、やはりあるものでなんとか対処しなければならない。

 

生死の堺をさまよう局面では、道具があるかどうかというよりも、身の回りのものをいかに利用できるかが重要な鍵となる。

実際のサバイバルには用意周到さより、創意工夫のほうが求められる。

「命を救った道具たち」―探検家の45の道具と知恵

 

現在は特に防災グッズは用意していない。なくても大丈夫だから、というわけではなく、単に油断しているだけだ。今、あらためて防災を考えるとすれば、必要なものは以前のものとはかなり違う内容になるだろうと思う。例えば、かばんにはてぬぐいが入っているから、火災の際は口に当てればマスクの代わりになる。もちろん顔も隠せるし、何かを包んだり結んだりもできる。「有事のため」の専用のものは極力少なくしたい。普段のものと兼用にしたい。その方が持ちものも少なくできるし、使いなれた道具の方が何かと良いような気がする。

 

持ってきた充電ケーブルは毎日使っているものだ。

これしか持っていないから迷わない。