ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

ノックスブレイン・ルフト/シンプルな手帳がノート代わり。

 

f:id:astudyinscarlet:20170427184847j:plain

 

今年からまた紙の手帳に戻しています。

 

手帳にこだわっていたのはたぶん人生を充実させたい願望の表れだったのだろう

 

ちょっとしたメモなどを書くのには紙の方が良いので、手帳を持っていないときでも小さいノートは持っていたのですが、やはり手帳を持つことにしました。

 

手帳を持つのであれば、ノートと兼用で1冊で済ませたかったのですが、なかなか理想にかなうものが見つかりませんでした。

手帳は本当にいろいろなものがありますが、その分選り好みしてしまい、どれも決め手に欠けるのです。

ノートとしても使うため、自由に書けるページが多めのものが欲しかったのですが、そういう商品は分厚かったり重かったりしてとても持ち歩く気になれません。

 

そこで綴じタイプではなくシステム手帳を選びました。

中身を自由に変えられるシステム手帳は欲しいものだけ選んで入れるので無駄がなく、

ページを補充すればノート部分を使い切ってしまうということもありません。

自分の使い方にはとても合っています。

 

今はノックスブレインの「ルフト」という手帳を使っています。

 

 

システム手帳はかさばるイメージがありましたが、これはとても薄いです。

ペンホルダーとかバンドとかポケットとかの余計なものが付いていなくて、一枚の革に金具が付いているだけのシンプルな作り。

いつも使っているかばんにも入ります。

 

f:id:astudyinscarlet:20170427184822j:plain

 

中身もシンプルに、月間スケジュールと方眼ノートだけ入れています。

(白紙だと書くのに緊張してしまうので、薄い方眼です)

 

昔は手帳術とかが好きでしたが、今は何もかも手帳で管理しようとは思っていません。

ノートにカレンダーも付いている、というような感覚でラフに使っています。

 

システム手帳の、不要になったページを外すことができたり、書けるページが少なくなったら補充できたりするというのは「ノート」として見てもとても理にかなっています。

ノートは使い捨きりのものと思っていましたが、システム手帳をノート代わりにすると、手帳とノートをひとつでまかなうことができるし、中身を買い足すことで慣れたものを長く使うことができます。

必要なものだけ入れることができるので、来年からは一長一短の製品を見比べる必要もなく、手帳やノートに悩むことが無くなりそうです。