ミニマリストの小宇宙

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

【冬~春先】同じ服2枚でほぼ制服化・季節の変わり目に着るコーディネート

 

季節の変わり目など、何を着るか迷うときによく着ている服があります。

こちら↓の2番目の服です。

夏のオフィスワードローブを公開。ミニマリストOLは6枚で通勤中

 

(この記事の服で今も持っているのが、白のTシャツとベージュのカーディガンです。その他の服と、時計、クラッチバッグは今はありません。) 

 

地味ですし、あまりオシャレとは言えませんが、自分にとっては何年も着ている定番のスタイルです。高揚感はありませんが気負いもなく、しっくりくる服。新しい服を買ってもこちらに手が伸びるくらいです。

 

今年は、別にもう一枚ベージュのカーディガンを買いました。

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

最近まで、以前から着ていたベージュのカーディガンと、今年買ったベージュのカーディガンを交互に着ていました。そのために、中に着るTシャツも同じものを買い足して2枚にしています。

 

ボトムは黒のタイトスカート。たまに黒のスキニーパンツのこともあります。

 

f:id:astudyinscarlet:20170416213451j:plain

 

白のTシャツ、黒のボトム、ベージュのカーディガン。

シルエットは多少違っても、白・黒・ベージュ、という色は同じです。

 

「絶対にこれを着る」というわけではなく、「迷ったらこれを着る」という感じなのですが、季節の変わり目の微妙な時期は結局ほとんどこの2パターンを着て過ごしました。たまに違うものを着る日もありましたが、「迷ったらこれを着ればOK」という服があるとないとでは全然違います。

 

似たような服のためあまり変わり映えしませんが、定番の服があると着るものに悩まずに済むので楽です。流行の感じではありませんが、その方がかえって長く着られて良いのかもしれません。

 

「制服化」のためにコーディネートをあらかじめ決めようと思うとけっこう難しいです。自分がよく着る服をそのままユニフォームにしてしまうのが楽だと思います(わたしは毎日着るために同じTシャツをもう1枚買い足しました)。

少し前にやっていたのも、「制服化をしよう」という意識はなく、自然とそうなっていたのを「制服ということにしよう」という感じでした。

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

ただ単に似たような2種類を着ているだけですが、生活を簡単にするための仕組みにかえっていろいろと時間を使うのは本末転倒なので、これぐらいゆるい「制服化」で十分ではないかと思います。

 

同じ服を着ることに対して、「これ一昨日も着たからなあ」という意識をなくすだけでとても楽になります。着回しは義務ではありません。やりたい人だけ、やりたいときだけやれば良いのです。

 

毎日違う服を着るより、毎日好きな服を着る方がいい。

おしゃれは頑張るものではなく、楽しむものです。

 

 

大人が着る無印とユニクロの服

少数精鋭で着回すコーディネート