ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

イメージの罠。ちょっと欲しい気がするけど買わないサンダルの話

 

サンダルを持っていません。

暖かくなると、サンダル買おうかなー、という気分になることがあります。

 

去年はサンダルを買ったのですが、旅先でなくなってしまいました。

 

 

今年も、サンダル買おうかなー、という気分になる時期になりました。

でも、たぶん買わないと思います。

 

サンダルが欲しくなるのは、サンダルのラフで楽なイメージのせいです。

わたしが欲しいのは歩くのが疲れるような華奢なミュールではなく、カジュアルなサンダル。

サンダルが欲しいというよりも、リラックス感が欲しいだけなのです。

 

しかし実際にサンダルを履くのはあまり楽ではありません。

フットケアをしたり、日焼け止めを塗ったり。

 

靴下にビルケンシュトックの方がよほど楽です。 

そして、素足にサンダルでは、靴を脱ぐような場面で少し困ることもあります。

 

わたしはサンダルを買っても、思い描いたような「リラックス感」は得ることができないのです。

それはイメージでしかありません。

たまにしか履かないサンダルを買うことで靴が増えて、かえってわずらわしいかもしれません。

 

今のところ海などに行く予定もないですし、

やはり今年もサンダルは買わないで過ごすような気がしています。