ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

持てば持つほど欲しくなる

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

The more we have, the more we want.

持てば持つほど欲しくなる。

 

どこかでチラッと見た一文ですが、なかなか的を得ていると思います。

 

持てば持つほどもっと欲しくなる。

しかし、持てば持つほど、得たものに対して感じる満足は減っていきます。

限界効用逓減の法則です。

 

スターバックスのコーヒーは限界効用逓減の身近な例

 

 

すごく喉が渇いているときに飲む1杯の水はとてもありがたいものですが、2杯目、3杯目と飲み続けるとそのありがたみはしだいに薄れていきます。

 

もっと欲しいと思って求めるのに、あたらしいものを手に入れても、得られる満足は想像したよりもずっと少ない。

最初と同じ満足は得られない。

だから、いつも何かを渇望している。

 

満足が得られないとわかっていて買い物をする人はいません。

満足したくて買い物するのです。

 

もし、それを手に入れる前に、「これを手に入れても満足は得られない」と気が付くことができたら、無益な消費行動はしないで済むかもしれません。

 

わたしの場合、たくさんの「満足できない買い物」という経験によって気が付くことができました。

 

もっともっと求めるよりも、1杯の水を美味しくいただく人生がいい。

たくさん持ちすぎると、水の味もわからなくなってしまうのです。