ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

コーヒーは冷めていく過程を楽しむものである

 

 

「コーヒーというのは、冷めていく過程を楽しむものだよ」

 

 

店はあか抜けないが、すこぶる美味いコーヒーを出す喫茶店だった。

 

 

わたしは熱いコーヒーが好きだ。

冷めたコーヒーなんて飲む気がしない。

酒も煙草もやらないわたしの唯一の嗜好品が、熱いコーヒーなのだ。

 

 

冷めても美味い、なんて、弁当のおかずじゃあるまいし。

そのときはとても信じられなかったが、それから数年経った今ではその意味がよく分かる。

 

 

ジャンクなコーヒーの場合は、熱い方が旨いし、冷めたものは不味くてとても飲めない。

ところがドリップしたコーヒーの場合は、たしかにその通りであったのだ。

本当に美味いコーヒーというのは、冷めても美味いのである。

 

 

わたしは熱いインスタントコーヒーを流し込むことはすっかりしなくなった。

高いものではないが、ドリップしてコーヒーを淹れている。

淹れたても美味いが、すこし冷めかかった頃がいちばん美味い。

 

 

冷めないうちに、なんて急ぐ必要はないのだ。

だんだん冷めてゆく一杯を、時間の経過を、ゆっくり味わう。

冷めたコーヒーも、案外悪くはない。