ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

雨の日も。オフィスで履けるクロックス「リオ・フラット」

 

特に探してはいないけれど、漠然と「いいのがあれば欲しい」と思っているモノがいくつかあります。

 

そのひとつがレインシューズでした。

 

数年前に愛用していたものを履きつぶしてから、似たようなものがあれば欲しいなあ、という思いをなんとなくずっと持っていました。

 

今年は、「梅雨になる前にレインシューズを買おう」と決めて探しました。

会社にも履いていけるものを探していたのですが、意外にもクロックスにぴったりのものを見つけました。

 

f:id:astudyinscarlet:20170612073238j:plain

 

初めてクロックスの靴を買いました。

クロックスといえば「よく見かけるあの靴」だと思っていたのですが、クロックスにもいろいろあるようです。

 

買ったのは Rio(リオ)というタイプ。

 

[クロックス] Crocs Rio Flat

 

先の尖ったフラットなパンプスの形で、すりガラスっぽいハーフマットな質感です。

昔こういう素材のバッグが流行った気がします。

(形はエルメス風で、パステルっぽいカラーで、素材がこんな感じのもの。たぶん10年以上前です)

 

ビニール製のレインシューズは安っぽい光沢のものが多いのですが、これはマットなので気に入りました。

透け感があって真っ黒ではないので、夏でも重たくならずに履けます。

 

会社にも履いていけて、合わせる服もあまり選びません。 

さっと水洗いできて、手入れが楽です。

乾くのも早いので、天気を気にせず気軽に洗える。

 

特に「レインシューズ」とは謳われていないのですが、

わたしにとっては理想的なレインシューズです。

もちろん雨の日に限らず使えます。

 

掃除機を買ったときにも感じましたが、それが「モノを買うこと」で解決できる問題なのであれば、素直に買った方がいいですね。

持たないことに固執してストレスを感じ続けるより、それを買って、日々を快適に過ごす方がいい。

 

持ちすぎると快適からは遠ざかるけれど、

持たないことに固執しても、快適からは遠ざかる。

 

快適さのためのモノは積極的に取り入れたいところです。