ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

職場で服がかぶる話。服がかぶったら、客観的に見るチャンス

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

少し前の話になりますが、職場の人とよく服がかぶっていました。

 

かぶるのは「ユニクロのボーダー」です。

 

f:id:astudyinscarlet:20170410195611j:plain

 

「ボーダーがかぶる」ということだけでなく、ユニクロの、全く同じ服。

 

彼女はわたしより少し年上、普段のファッションはわたし以上にカジュアルですが、きちんとすべきときにはきれい目な服を着こなしています。

わたしの印象では、ユニクロ率は低め。シンプルな服でも、それなりにいいものを選んで着ているようです。 

 

そんな彼女が「カジュアルな日」によく着ているのが「ユニクロのボーダー」なのです。 

 

実際は2~3回のことなので、「よく」というほどではないですが、こういう出来事は印象的で、わたしと彼女の間では「よくかぶる」という感覚です。

どちらかが着ていると、「今日着てこなくてよかった~」という会話をしたりしていました。

 

 

 

わたしは、もうボーダーを着なくなりました。

かぶるのが嫌だったわけではありません。

彼女を見ていて、「自分はそれほどボーダーが好きというわけではない」ということに気が付いたからです。

 

自分が持っている服を、自分ではない人が着ているのを見る。

彼女のおかげで、客観的に見ることができるようになりました。

 

客観的に見たその服は、魅力的には映らなかった。

彼女はおしゃれに着こなしていますが、同じ服を自分も着たいかと考えると、そうは思わないのです。

 

わたしは、定番だから、無難だから、「とりあえずボーダー」を選んでいました。

不思議なもので、特に好きでもない服を、ずっと疑問も持たずに着ていたようなのです。 ボーダーに関しては、完全に思考停止していました。

 

これに気付かせてくれたのは、「自分と同じ服を着た他人」でした。

服がかぶったら、客観視するチャンスかもしれません。