ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

つい欲張ってしまうこと、その理由

 

図書館で本を借りるとき、貸し出しできる限界まで借りようとしてしまいます。

読まないまま返すことも多くて、最近ではめいっぱい借りることは少なくなりましたが、それでも、あきらかに多すぎる量を借りてしまいます。

 

先日は6冊借りました。

厚いハードカバーの何日もかけて読むような本を、6冊です。

これだけでも十分ですが、わたしは図書館だけでなく新刊も古本も電子書籍も買いますし、青空文庫でも本を読んでいます。

 

頑張ればすべて返却期限までに読めないことはないのですが、できればプレッシャーなど感じずにゆったり読書を楽しみたい。

 

「期日までに全部読んでしまわないと」というのは、豊かな読書とは言えません。

まったく読む必要などはないのだけれど、なんとなく手に取って、いつのまにか夢中になっているような、そんな読書がしたいです。

 

 

なぜ借り過ぎるのか考えてみると、「タダだから」ということが大いに関係していると思います。

お金を出して本を買うときには、こんなことはないからです。

(昔はありましたが)

 

1冊でも10冊でもタダ。

読んでも読まなくてもタダ。

だったら、とりあえず借りておこう。

そんな風に考えていると思います。

 

しかし実際には、わたしは重い本といっしょにプレッシャーを持ち帰っているのです。

タダより高いものはない、と言いますが、これだったら、本屋さんでじっくり選んだ1冊を大切に買って帰る方が、いい時間が過ごせるのではないかと思います。

 

無料の図書館でも欲張らないで、自分が無理なく楽しめる量だけを借りるようにしたいものです。

 

読み終わったら、また来ればいい。

「タダだから、とりあえずたくさん借りておこう」という態度ではなく、

「1冊だけ借りに図書館へ行く」という姿勢に、どこか品位を感じます。