ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

「一汁一菜でよいという提案」

 

食欲の秋・読書の秋にちなんで、食に関する本をご紹介します。

とても影響を受けた本です。

 

土井善晴さんの、「一汁一菜でよいという提案」。

 

もともと「粗食」とかシンプルで質素な食事に興味があったので、まさにぴったりの内容でした。

土井善晴さんといえば、わたしでも名前を聞いたことがあるくらい有名な方ですから、そんな方が「一汁一菜でよい」と提案してくれるのはとても心強い。

 

軽い気持ちでページをめくりはじめましたが、内容は「食べること」「生きること」の本質に迫るもので、読んでいて涙がにじむほどでした。

 

 「時短」でもなく、とにかく「手をかける」のでもなく。

 

「一汁一菜でよい」というのは、「手抜きをしましょう」とか、「手を抜いてもいいよ」という話ではありませんでした。

 

品数が少ないことが「手抜き」なのではありません。

便利さや見栄えの良さにばかりとらわれて、食とちゃんと向き合っていないことの方が「手抜き」なのです。

 

「食事」とは、ただ食べることではなくて、「何を作ろうか考えて、材料をそろえて、調理をして、食べて、片付ける」、これらすべてが「食事」です。

 

載っている写真も、本当に「家庭のお味噌汁」。

レシピ本やインスタグラムにあるような、きれいな写真ではありません。

普段の食事とは、そういうものなのです。

 

食の本で、これほど琴線に触れる本は初めてでした。

自信をもっておすすめします。