ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

鍋で0.5合のごはんを炊く

 

鍋でごはんを炊いているので、炊飯器のように保温ができません。

冷やごはんでチャーハンを作ったりなどはできますが、

基本的にあたたかいごはんを食べられるのは炊いた直後だけ。

(電子レンジは持っていません)

 

1合はわたしには多いので、半分の量で炊けないか試してみました。

 

0.5合に対して水100mlでうまくできました。

時間や火加減は、1合のときと同じです。

 

中火で火にかけ、沸騰したら弱火に。

10分経ったら、ちょっとの間だけ強火にして、火をとめて、10分蒸らします。

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

1合のときは、底のごはんが水っぽくなってしまうこともあったのですが、0.5合の方が失敗がないようです。

 

慣れてくると、0.5合とか1合とかのぴったりの量でなくても、ちょっと少なめ、とか気持ちたっぷりめ、とかの量でも大丈夫なことがわかってきました。

お米は1合とか2合とかの単位で炊くものだ、と思い込んでいましたが、それほど神経質にならなくても、お米がちょっと少なめだから水もちょっと少なめ、という感じで自由に炊いて良いみたいです。炊飯器の目盛を睨んでばかりいたら、気が付けなかったかもしれません。

 

電子レンジがないという理由もあって、ごはんは冷凍しません。

  

作るのは、食べる分だけ。

単位にこだわらず必要な量だけ炊けば良いとわかったので、無理して食べ過ぎたり、微妙に余らせたりということがなくなりました。

それに毎回炊きたてです。

 

はじめてからまだ日は浅いですが、鍋でごはんを炊くことは、どんな料理を覚えるよりも「身につけて良かった」と思っています。