ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

ポイントカードを持たない理由

 

先日Pontaカードを退会したので、ポイントカードを持っていません。

(PontaカードもGEOのレンタル用カードという感じで、ポイントカードという意識はあまりなかったですが)

 

ゲオで作ったPontaカードの退会

 

わたしは、ポイントカードというものが物質的に邪魔だとも思いますが、それ以上に、 ポイントカードは「主体的な消費」を妨げるものであると思っています。

 

簡単に言うと、「ポイントのために買い物をしてしまう」ということです。 

 

不思議なもので、「100円キャッシュバック」と言われるよりも、「100ポイント進呈」の方が、得したような気持ちになります。

以前のわたしの話ですが、買おうと思っていないものに「100円引き」という表示があるのを見ても何とも思わないのに、「100ポイント進呈」とあると惹かれてしまい、買う気がなかったのに購入を検討したりしていました。

 

おかしな話です。

お金はどこでも使えて、ポイントは特定の店でしか使えないにも関わらず、「100円」よりも「100ポイント」に価値を感じるのです。

 

人は「集める」「貯める」ことに惹かれるのではないでしょうか。

ポイントをたくさん貯めたい心理には、人間の業というか、そういうものを感じます。

お金もそうかも知れません。

わたしは、どうせ貯めるならポイントよりもお金を貯める方が良いです。

ポイントを貯めようと思うと、お金は貯まりません。 

 

 

「ポイントカードは持っていません」という人の中には、「アプリを活用しているからカードは持ちません」という人もいます。

ですが、わたしにとっては、カードがアプリになってもあまり意味がないのです。

無駄なアプリを増やしたくないという思いもあります。 ユニクロでも無印でも、アプリを勧められても断ります。

 

昔はドラッグストアが好きだったので、複数の店でポイントカードを持っていたし、ポイントが倍になる日は店に行ってたくさん買い物をしたし、貯めたポイントで買い物もしました。

 

ですが今思い返してみても、ポイントで買ったものは別に必要なものではなかったし、ポイントを貯めるために買ったものですら別に必要ではありませんでした。

お得な気持ちになっていただけで、実際にはお得でもなんでもなかったのです。

 

ポイントがたくさんつく日はスーパーもドラッグストアも混んでいますし、みんなまとめ買いをしていて、レジの時間も長いです。

ポイントカードをやめたら、必要なものを必要なだけ、必要なときに買うことができるようになりました。

そんなことは、ポイントカードを持っていても自分の意志でどうにでもなることだと思われるかもしれません。

わたしもそう思っていました。

ですが、ポイントカードをやめたら、びっくりするくらい出費が減りました。

 

節約したり、お金を貯めたいと思うなら、

ポイントを貯めるより、要らない買い物をひとつ減らすほうがよほど効果的です。

繰り返しになりますが、ポイントを貯めようと思うと、お金は貯まらないのです。 

 

ポイントカードをやめると、財布もすっきりするし、お会計もスムーズだし、何より「ポイントに惑わされない買い物」ができます。

 

「ポイントに惑わされない買い物」ができるようになることは、ポイントのお得さよりもはるかに価値があるものだと思います。