ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

秋服はすぐに飽きる/今年は服を買わないかもしれない

 

涼しくなると、ボルド―、カーキ、ブラウンなど、秋っぽい、シックな色が幅をきかせます。

 

夏から秋にかけての時期は、鮮やかな夏色からシックな秋色に変わるという大きな変化が、夏物をよりチープに、秋物をより良いものに見せるという効果があると思っています。「このままではいけない」と、消費を促すようなムードです。

 

秋だからといって秋色の装いをしなければいけないわけではないのですが、かつてわたしも、このムードにあてられて、秋服は「必要」だと信じていました。

  

今年の夏に買ったスカート。

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

一応秋服ですが、ただ売る側のカテゴライズがそうであるというだけで、一年中着られるものだと思います。

夏に買って、夏から着ているので、あまり「秋服」というふうには思っていません。冬も着るつもりです。

 

わたしの場合、秋と冬の装いはあまり変わりません。

冬の室内はあたたかいので、厚着をすると体温の調整ができなくてストレスになるのです。

ある程度涼しくなったら、春になるまでずっと薄手のニットを着ています。

今年はすでにそうしています。

 

 

もともと深い色が好きなこともあって、むかしは「秋服」にすごく惹かれたけれど、今は冷静です。

新鮮な気分はすぐに褪せる、飽きる、ということを知っているからです。

 

 

ある商品を見て、強い「新鮮さ」を感じているとすれば、その商品に飽きるのもとても早いと思った方が良いです。

 

目新しいから惹かれているのであって、その魅力は「期間限定」です。ずっと続くものではありません。とても短いです。シーズン中続けば良いほうで、買ったとたんに失うこともあります。

次の季節が来れば、今、夏服に感じているのと同じような感情を、「終わった季節」への感情を、抱くようになります。

春が近づき、明るい色が並ぶようになれば、秋冬の暗い色はとたんに色褪せます。

 

秋服の新鮮さは、自分で買って着なくても、まわりのおしゃれな人を見ていれば十分感じられます。

そして季節の新鮮さは、旬の食材をいただくとか、ファッション以外の面でも感じることができます。

わたしは「読書の秋」を楽しむつもりなので、「おしゃれの秋」は他の人に譲ります。

 

夏に買ったスカートのほかには、秋服はたぶん買いません。

そしてもしかすると、冬服も買わないかもしれません。

 

これ以上は「必要でない」ということもありますが、「欲しい」ともあまり思っていないのです。

 

着るものはすでに十分あると感じるようになったら、「毎年服を買わなければいけないわけではない」という当たり前のことに思い至りました。

 

今年は何も買わないで、持っている服をたくさん着ようと思います。