ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

無印良品・やわらかタオルハンカチ

 

ハンカチ代わりにてぬぐいを使用しているのですが、そろそろ布がくたびれてきました。お風呂で使うにはやわらかくて良いのですが、持ち歩くにはちょっとどうかなという感じです。手ぬぐいは端も切りっぱなしなので、くたびれたものは見ようによっては「ボロ布」です。

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

新調することも考えたのですが、やめました。

今使っているものも、ハンカチとしては抵抗があるだけで、他の用途であればむしろ馴染んで使いやすいのです。今持っているものを使い続けるのであれば、買い替えではなく、「ハンカチ用の手ぬぐいを買い足す」ことになります。

循環がうまくゆけば良いのですが、ハンカチとしての寿命は短く、お風呂用としての寿命は長いので、「ハンカチとしては使えないがお風呂用としてなら使える」という使いかけがどんどん増えてゆくことが予想されます。

 

てぬぐいはお風呂用にして、買い足さないことにしました。

 

てぬぐいを買わなかったのは、「気に入る柄のものがない」ということも理由のひとつでした。

もともと柄ものよりもシンプルな無地が好きですが、手ぬぐいはたいてい派手なのです。

もちろん白い無地のものなども探せばあるのですが、無地の手ぬぐいというものはあまりにも色気がなく、みすぼらしくならないように持つのはとても難しそうです。

 

 

てぬぐいの代わりに、タオルハンカチを買いました。

タオルハンカチであれば、無地でもそれほど素っ気なさを感じさせません。

 

買ったのは無印良品のもの。オーガニックコットン100%、だそうです。

f:id:astudyinscarlet:20171020213052j:image

 

無印が大好きというわけではないのですが、こういう日用品を選ぶときには絶妙なものが見つかると思っています。

 

ナチュラル系ブランドで揃えたいというほどのこだわりはないけれど、100円ショップで適当に買うのもなあ、というような気分にちょうど良いのです。もちろんデザインもシンプルです。

 

手ぬぐいに慣れていたせいもあると思いますが、久しぶりのタオルハンカチはふわふわで気持ち良いです。

無地でシンプルなのも落ち着きます。柄ものもお店などで見ると可愛いのですが、自分の持ち物にはやはりシンプルなものが良いです。

 

とりあえず1枚だけ買ってみましたが、手触りもよく気に入ったので2~3枚揃えて使おうと思います。

 

ちなみに、以前「てぬぐいはいざという時にはハンカチより多用途に使える」などともっともらしく主張しておりましたが、これまで「いざという時」は結局一度も訪れることがありませんでした。