ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

「クレジットカードで浪費が減る」のはこんな人。

 

「お店では現金派」だったのですが、最近はクレジットカードを使っています。

 

持っているクレジットカードは1枚だけです。

お金関係のシンプル化に着手。

 

 

カードは履歴が残ります。

それが嫌であまり使わなかったのですが、それを逆手にとって、「恥ずかしくない買い物」をするようにしています。

 

「お金に色はついていない」というように、現金での買い物はその場限りのものです。

わたしが誰であるとか、これまでどんな消費行動をしているかとか、そういういろいろとは切り離されています。取引はその場で終了するので、無駄遣いをしても、「のど元過ぎれば熱さを忘れ」てしまえるのです。

 

 

クレジットカードで支払うようにしてから、自然と「必要なものだけ」買うようになりました。

たいして必要でもない、一瞬の快楽のための買い物の履歴が残るのが嫌で、ブレーキがかかります。

来月や再来月に、その買い物の明細を見て自己嫌悪を感じるような買い物はしたくないと思うのです。

 

クレジットカードをあまり使いたくないと思っているので、カードで払うくらいなら別に買わなくてもいいか、という気分にもなります。

 

クレジットカードは出費が増えるといいますが、わたしの場合はラテマネー的な浪費が減りました。

 

お米の支払いを来月に回すのは良いけれど、今日食べるお菓子の支払いを先延ばしにするのはなんとなく嫌な感じがするのです。

 

 

カード払いは「お金を払う実感がない」といいますが、わたしの場合、カード払いの方がより「お金を使った」ことを実感させられます。

カードを使ったときは金額を確認するために必ずレシートをもらうようにしていますし、利用明細がメールで届いたり、引き落としの明細を確認したりすることで、「お金を使った」ことを何度も再確認させられるからだと思います。

 

「後日明細を見て後悔するようなお金の使い方はしたくない」という思いが、無駄遣いを減らしていると思います。

 

 

わたしのような方の場合、クレジットカード払いをすることで逆に買い物が減るかもしれません。

 

チャージ式の電子マネーなどはチャージの金額や残高があるかなど気にすることが増えてしまいますが、クレジットカードは「使った分だけ」というのがわかりやすくて良いです。使わなければ支払いは発生しませんし、電子マネーの残高があるからこっちの店で買う、というような行動をすることもありません。

 

現金払いをメインにしていたときのように「多めにお金を持っておく」とか「少なくなってきたからおろす」ということもしなくなりました。

 

クレジットカードをメインにしてから、出費も減り、財布もすっきりしています。

どんな道具でも使い方次第です。