ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

・ミニマリストの小宇宙・

久しぶりの「欲しいもの」。素敵だけど、まだ買わない。

 

 

最近、「いいなあ」と思いつつ眺めているものがあります。

 

 

シンプルなガラスのフラワーベース。 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホルムガード / フローラ ベース 24cm [Holmegaard / Flora vase]
価格:7560円(税込、送料無料) (2018/1時点)

 

 

たしかに、シンプルでミニマムなデザインはわたしの好きな感じではあるのですが、まさか花瓶が欲しいなんて思う日が来るとは我ながら意外に感じています。

 

いろいろとそぎ落とした結果、ほんの少しの「遊び」を求めるようになってきているのかもしれません。

 

 

おしゃれインテリアには疎いので知らなかったのですが、けっこう有名なアイテムのようです。

 

買うならこっちの12センチの方かな、色は迷うけどクリアかな、形はどれがいいかな、なんて楽しく考えていますが、買うのはもう少し先になりそうです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホルムガード / フローラ ベース 12cm [Holmegaard / Flora vase]
価格:3240円(税込、送料無料) (2018/1時点)

 

 

この花瓶のある風景の素敵な写真を見ては、「いいなあ」と思っているのですが、同じ花瓶を買ったとしても、飾るのは自分です。

  

同じものを買ったからといって、誰かの暮らしの写真の中の「シンプルな中にもさりげなくセンスが感じられる上質な感じ」が、即自分の手に入るわけではないのです。

 

もちろん、購入をきっかけに「丁寧な暮らし」とか「花のある生活」とかに目覚めないとも限らないのですが、今のところ、自分が花を買う生活をしているところは想像できません。

慣れないことをしても付け焼き刃では上手くいかないような気がします。 

 

自分で手入れしている庭から草花をちょっと摘んで食卓に飾る、みたいな生活も、そのセンスも、余裕も、花瓶ひとつ買ったぐらいではまだまだ遠いのです。というか、それらはそもそもお金では買えないものです。

 

本当にそういう生活がしたいのか? という疑問も感じます。素敵だとは思うのですが、それがいちばんの望みか、と聞かれると違う気もするのです。

 

 

いろいろと考えながら、結局「いいなあ」と眺めることに終始しています。

 

いつか花瓶を使う暮らしをする気になったら、まずはひとつだけ、ホルムガードの小さな花瓶を買おうと思います。