ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

・ミニマリストの小宇宙・

買い替えた方が安いけど・・・「長く使う」ために必要なこと

 

 

腕時計の電池が切れて止まってしまいました。

 

わたしが使っているのはAmazonで買った1000円ぐらいの時計です。

 

CITIZEN Q&Q 腕時計 Falcon 革ベルト Q996-304

 

 

 

昔は似合いもしないのに張り切って買ったブランドの時計など持っていましたが、手放しました。

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

 

普段は時計をつけません。

仕事のときも、時計が必要なときにだけつけて、それ以外のときには外しています。

 

時計をつけているのは1ヵ月で10時間ぐらいじゃないかと思います。 

 

 

 

Amazonの履歴を見たら、購入は2015年でした。

説明には電池は3年持つと書いてありましたので、ちょうどそのくらいですね。

 

 

 

時計の電池交換は1000~2000円ぐらいしますから、1000円の時計なら、買いなおした方が安いです。

 

 

どうせ買うなら、といいものがないか少し物色してみました。

 

いいなと思ったのはこのあたりです。

 

 

 

組み合わせを自由に選べるというもの。クラウドファンディングで資金を集めたという会社の成り立ちも面白いです。

 

ネット上でいろいろな組み合わせを試せるので、ちょっと遊んでみましたが、結局買いませんでした。

シンプルできれいめだし、いいものだとは思うのですが、自分に必要かというと、ちょっと違うように感じたのです。

 

前述したように、わたしは時計をあまりつけません。アクセサリー的な要素も求めていません。

それに、今使っている時計には何の不満もないのです。別のものが欲しいとか、買い替えたいとか思っていたわけではありません。電池が切れてしまっただけです。別に買い替える必要はないのです。

 

 

 

結局また同じ時計を使うことにしました。

 

本体だけ買い替えるということもひとつの方法ではあるのですが、まだ使えるものを使い捨てるのはちょっと気が引けます。

それに、これまで3年間使った愛着もあります。

買い替えた方が安いとしても、電池を交換するほうが、自分としては気分よく使えるのではないかと思いました。

 

 

 

一生モノ的なブランド品や高価な品でなくとも、長く使うことはできます。

 

「いいものを買って大事に使う」ということが盛んに言われますが、

わたしは必ずしも「いいもの」を買う必要はないと思っています。

 

今持っているものを大事にできないのに、また別の新しいものを買っても、すぐに大事にしなくなってしまいます。

 

長く使うために必要なのは、「いいもの」ではなく、「ちゃんと使うこと」ではないかと思います。

 

astudyinscarlet.hatenablog.com