ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

・ミニマリストの小宇宙・

朝 気持ちよく起きるための、7つのこと。

 

 

4月から、これまでより早起きをしなければならなくなりました。

ついでに朝活のようなこともしたいと考えています。

 

朝型の暮らしをするために、最近心掛けていることを書いていきます。

 

f:id:astudyinscarlet:20180309134002j:plain

 

 

コーヒーを控える

白湯を飲むようになって、一時的にコーヒーの量は減ったのですが、またじわじわと増えてきています。

完全にやめるということも考えましたが、とりあえずは、少し量を控えることにしました。

具体的には、「午後は一切飲まない」ことにしています。午前中であればいくらでも飲んでいいことになっているので(とはいえ実際飲むのは1~2杯ぐらいですが)、それほど苦しい制約ではありません。

 

昼食後にドリップコーヒーを淹れるのがルーティンのようになっていたのですが、それもやめました。

 

 

PCを控える

家に帰ってからはPCもスマホも見ない、というのが理想的ですが、なかなかそれは難しいです。

PCはどうしても必要なこと以外にはあまり使わないようにして、使うときには、スマホで15分のアラームをかけます。

画面が開いているとつい触ってしまうので、とにかくノートPCの蓋を閉じることを意識しています。

 

 

スマホを控える

スマホに関してはけっこうゆるめです。

「操作はしても、凝視はしない」ということにしています。

調べものやブログや電子書籍など、「文字を読む」 系の作業はなるべく控える、という感じです。

  

 

ブルーライトを控える

見る時間を減らすこともしていますが、PCのディスプレイは暗めの設定に、スマホのディスプレイは「視力保護モード」にしています(画面が黄色っぽくなります)。

テレビを見る人は、「テレビを控える」というのも大事かもしれません。

 

 

白湯を飲む

白湯はもともと飲んでいるのですが、寝る前はあまり意識して飲んだことはなかったです。グラスに6分目ぐらいの量を、ゆっくり飲んでいます。  

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

 

ヨガでリラックスする

最近お気に入りの「ずぼらヨガ」をやります。

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

 

 早く布団に入る

これが一番大事かもしれません。

ここまで書いたことをいくらがんばっても、布団に入る時間が遅ければ意味がありません。

 

毎日はしませんが、ホットアイマスクをすると寝つきがよくなります。

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

 

「朝起きるため」というより、「夜にちゃんと寝るため」の方法が多いです。

全部はできない日もあります。

 

わたしは専門家ではありませんし、どれがどう効果的であるということは言えないのですが、こんな感じで少しずつ取り組んでいます。