ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

・ミニマリストの小宇宙・

AI の使い方間違ってませんか/8時間労働というアンカリング

 

 

AIだけじゃなくて

ロボットとか科学技術とかテクノロジーとか何でもいいんですけれども要は文明的な効率化についてです


そういうものの使い方が何か間違ってませんかという話です

 

今仕事で業務効率化について色々調べているんですけれども

 

システムの導入事例や感想なんかを見るとですね

 

このシステムを導入したら

これまで何時間かかっていた作業が何時間削減できました

そのぶん他の業務ができるようになりました

 

っていう話が多いんですけれども

 

それは結構なことです

業務の効率化自体はいいことなんですけれど

 

 

問題はですね

基本的に仕事が減った時間に別の仕事するっていう発想から抜け出せていないということですね

 

作業時間が減るということは

単純に考えれば労働時間が減るということのはずです

 

それなのに

労働時間を削減しようという発想に至らない

 

2時間早く作業が終わったからじゃあその2時間早く帰ろうとか自由な時間が増えるとかっていう方向になぜ行かないのか

 

いいじゃないですか、6時間でも

 

なぜ

誰も業務時間を削減するという発想に到らないのか

 

これまで8時間かかった業務が4時間に短縮できました

1日の労働時間が半分になって

ワークライフバランスが改善されました

人生の質が上がりました

 

 

そういう発想はないのだろうかと

 

誰が決めたか知りませんが

 

この国では8時間労働がスタンダードで

そういうものとしてまかり通っていて

 

これはもうアンカリングですよね

1日8時間労働っていうのはアンカリングだと思います

 

 

アンカリングっていうのはまあ簡単に言うと最初に言った数字に引っ張られるって言う事です

最初に言った数字がアンカーつまりイカリです

船のイカリ

最初に言った数字が基準になる

そこにイカリが落ちるイメージですね

 

 

f:id:astudyinscarlet:20180608121612j:plain

 

 

数字にかかわる交渉

たとえばこの仕事をいくらで受けるかとかそういうのですね

その交渉は最初に言った数字の影響を免れない

だから交渉では数字を先に言った方が勝ちっていうのがアンカリングなんですけれども

 

8時間労働ってのが一種のアンカーになってるんじゃないかと思います  

 

 

8時間労働のアンカリングをなんとかしないことには

どれだけ効率化が進んでもプライベートの時間は増えないのかもしれません

 

このアンカーはそうとう根深く刺さってますから

いっそあたらしい別のアンカリングをしてみてはどうでしょう

政府が 労働は1日3時間を基準とする と発表するとか

 

名ばかりの働き方改革より

効果的かもしれませんよ

 

 

仕事にかかる時間は与えられた時間いっぱいに膨張する

というのは有名な法則です

名前は忘れましたが

 

こんなにテクノロジーが発達して

世の中はどんどん便利になって

それなのに相変わらず長時間働いているということに

我々は疑問をもつべきです

 

テクノロジーは

もっと仕事をするため

ではなく

もっと自由になるため

にこそ

使うべきなのです 

 

astudyinscarlet.hatenablog.com