ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

・ミニマリストの小宇宙・

【シンプル メモ術】情報はひとつの場所にまとめる

 

 

f:id:astudyinscarlet:20180612124123j:plain 

 

Google Keep を使うようになって、書くことや記録することへの意識が変わってきています。 

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

手帳は持ち歩かなくなりましたし、

手帳を開くことも、すごく減っています。

(パスワードを参照するときぐらいです。パスワードはクラウドサービスにメモするのは不安なので、これだけはまだ手帳を使っています)

 

 

メモアプリなんて使いにくいと思っていましたが、使ってみるもので、

すっかり Google Keep がメインになりました。

 

覚えておくべきことから、ちょっとした思いつきまで、

「情報が一か所にまとまっている」という状態が、とても気持ちいいです。

 

しかも、そのすべてを簡単に持ち運んで、

好きなときに参照したり編集したり削除したりできるのです。

 

ノートやメモ帳のように、残りのページを気にすることもありません。

 

 

忘れてはいけないことやスケジュールなどは、リマインダー機能を使います。

 

わたしはスマホの入力がそれほど得意ではないので、音声入力を積極的に活用しています。

(人前ではしませんが)

 

慣れるとけっこう使いやすくて、最近ではメモどころかこれでブログも書いています。

 

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

  

わたしは GoogleKeep を使っていますが、

ひとつの場所、というのは、1冊のノートでもいいし、手帳でもいいし、エバーノートでもいい。

方法は何でもよくて、自分がしっくりくるものを選べば良いと思います。

 

 

究極を言えば、情報をまとめるべきひとつの場所、というのは「自分」そのものです。

 

たくさんの情報を持っていたとしても、それを取り出せなければあまり意味がなくて、

必要なときにすぐ手が届かなければ、せっかくメモした情報も、うまく使うことができません。

(情報というと大袈裟ですが、例えば、気になった本の名前をノートにメモしたけれども、いざ図書館へ来たとき、ノートは家に忘れてきて、本の名前も思い出せない、とか、そういうことも含みます)

 

そういう意味では、いつも持ち歩くスマホは、メモの道具として最適です。

 

 

もちろん手書きには手書きの良さがあります。

それでもわたしの場合は、スマホの便利さが勝ちました。

 

荷物は軽くなったのに、持ち歩く情報は増えている。

 

これまで紙とペンを愛するあまり、スマホでなんて無理、と食わず嫌いをしていたことが悔やまれます。

 

もう、どのノートやメモ帳を買おうか悩まなくていいし、うっかりペンを忘れて口惜しい思いをすることもありません。

 

自分は文房具が好きだと思っていたけれど、必須ではないと分かったら、今は不思議なほど興味が薄れました。

 

ひとつこだわりがなくなって、さっぱりした気持ちです。