ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

・ミニマリストの小宇宙・

お金は「増やす」より「減らす」

 

 

f:id:astudyinscarlet:20180614124210j:plain

 

 

お金を貯めたいという思いは持っていますが、

あまり真剣に「いくら貯める」ということは考えないようにしています。

 

「いくら貯金する」というのは、どうしても、他力本願なところがあるからです。

 

その金額を手にできなければ物理的に達成不可能だし、

思わぬ臨時収入で、頑張らなくても簡単に達成できてしまったりもします。

 

仕事を頑張れば必ず給料があがるというものでもないし、転職するにしても、自分だけではなく相手の思惑があるのです。

 

 

その点、支出をコントロールすることは、自分でできる主体的な行動です。

 

貯金は使えば無くなりますが、少ない支出で生活できるというのは「甲斐性」のようなものなので、無くなりません。

 

 

「これだけの金額があれば生活できる」という額を知ること、

その金額が少なければ少ないほど、身軽であると感じられるし、「大丈夫」という自信も感じられます。

  

 

これは、ただただ倹約し、つつましく暮らす、ということではありません。

 

最低限のラインを知ったうえで、「娯楽」としてお金を使うことは良いと思います。

 

 

それは「生活のため」ではなく、「より良い生活のため」の消費なのです。

 

 

必要不可欠な支出を少なくするということは、

ただ節約してお金を貯めるということではなくて、

「自分が使いたいところにお金を使えるようになる」ということです。

 

わたしは携帯会社をauから楽天モバイルへ変えましたが、これによって毎月数千円を、「携帯代」という生活に必須のものではなく、貯金や投資や好きなことに使えるようになりました。

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

 

収入が増えたわけではありませんが、これは実質的に収入が増えたのと同じことです。

(しかも、節約というこの収入には、税金がかかりません)

 

 

「増やす」と「減らす」は表裏一体です。

 

お金については「増やす」だけでなく、

「減らす」という発想が、同じくらいか、それ以上に大切なのではないかと思います。