ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

・ミニマリストの小宇宙・

少ない努力で「やってのける」方法

 

 

最近読んだ本の紹介です。

 

ハイディ・グラント・ハルバーソンの「やってのける~意志力を使わずに自分を動かす~」。

 

経験論や精神論ではない、まっとうな本だと思います。

 

「証明型」「習得型」という分類や、それぞれに効果的なアプローチなど、初めて知ることが多くて参考になりました。

 

 

本の中から、「意志力」についての部分を少し紹介します。

 

 

「意志力」とは

人が一日に決断できる量には限りがある、と言われますが、この「決断」に使っているのが「意志力」です。

(メンタリストDaiGo氏が「ウィルパワー」と呼んでいるものと同じです)

 

意志力は「決断」だけでなく、「計画を立てる」ことや「何かを我慢する」ことでも、同じように使われます。

 

つまり、

「今日、どの服を着ていこうか選ぶ」

「メールがたくさん来ているので、どれから返信しようかと考える」

「ダイエットのためにチョコレートを我慢する」

 

といったことに、すべて意志力が使われ、使ったらその分減っていくのです。

 

 

意志力がなくなるとどうなる?

意志力は「自制心」とも言えます。

意志力がなくなる = 自制心を失う、と考えると分かりやすいと思います。

我慢しなければいけないチョコレートを食べてしまったり、いつもならやらないような衝動買いをしてしまったり。

 

 

では、どうすればいいのか?

禁煙や貯金やダイエットを成功させたい、

資格試験の勉強に取り組みたい、

仕事に集中したい、など、

自分にとって大事なことに「意志力」を使うためには、

 

・意志力を節約する(つまらないことで浪費しないようにする)

・意志力を鍛えて、増やす

 

という2つが有効です。

 

詳しいことは本に譲りますが、私が「なるほど!」と思ったテクニックをひとつだけ紹介します。

 

 

少ない努力で我慢できる方法

 

意志力を浪費しないためには、

 「初めから手を出さない」ことです。

 

いったん始めてしまったことをやめるのは、最初から手を出さないよりも難しく、多くの自制心が必要になる

 

継続時間が長くなるほど、行動はやめにくくなります。たとえば、ポテトチップスを一口食べて残りを我慢するより、まったく手をつけないほうが我慢しやすいはずです。

 

「慣性の法則(いったん動き始めた物体はそのまま動き続けようとする)」は、人間の行動にもあてはまるのだそう。

 

いったん始めたことをやめるのは難しいから、最初から手を出さない。

たとえ強い意志でやめることに成功しても、そのためにたくさんの意志力を消耗してしまいます。

 

ポテトチップスの例で言うと、「袋を開けない」よりも一歩進んで、

「買わない」

「家に置いておかない」

「そもそもポテトチップスが売っているような場所に行かない」

ようにすればさらに有効だと思います。

(スーパーへ行く必要があっても、お菓子売り場へ行かない、ということはできますね)

 

お店で見た可愛い服や美味しそうなお菓子を我慢するよりも、お店に行かないことのほうが簡単なのです。

 

私の場合は、スマホやパソコンを触りだすとなかなかやめることができません。

ですが冷静になってみると、初めから触らないようにすることは、そんなに難しいことではありませんでした。

触り始めてしまうから、やめるのが難しくなるのです。

 

ちょっと息抜きしたいとき、ちょっと時間ができたとき、

「スマホの代わりに手に取るもの」や「行動」を決めておくといいかもしれません。

 

 

 

 

astudyinscarlet.hatenablog.com