ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

・ミニマリストの小宇宙・

Amazonミュージック/所有しないスタイルとパレートの法則

 

 

パレートの法則というのがありまして

有名な法則ですから

ご存知の方も多いことと思いますが

 

会社の2割の人が利益の8割を生み出しているとか

世界の2割の人が冨の8割を独占しているとか

持っている服のうちの2割を着て日々の8割を過ごしているとか

 

そんな感じの法則なのですが

 

 

最近とみにそれを実感しまして

 

私はiTunesで音楽を所有しているのですが

音楽を聴く時間のうち8割以上の時間は

そのうちの2割ぐらいを聴いているのではないかと

思い至ったのです

 

f:id:astudyinscarlet:20181020121344j:plain

 

私はデジタルなものであっても断捨離対象だと思っているので

写真もあまり残さないし

電子書籍も読んだら削除します

積読的なポッドキャストもゼロにしました

 

ただ

音楽となると 

繰り返し聞くというその性質もあって

積極的に削除するということはあまりしてきませんでした

 

ですが持っているほとんどの音楽は 

PCの中に入っているだけで

全く聴くことはなかったのです

 

これらを整理して

比較的よく聴くものだけを残したのですが

 

すると今度はそのうちの8割が褪せるというか

また2割しか聞かなくなってしまうのです

 

これでは先細りですので

 

これまでの好みや傾向にとらわれず

もっといろいろなものを聞いてみたいという気分になりました

 

 

私は今 誤タップでアマゾンプライム会員になっている状態なので

(ときどきやってしまいます)

 

アマゾンミュージックというのを使ってみました

 

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

 

まだ全然使いこなせていないですが

少しずつ試してみているところです

 

サブスクリプションサービスには 

何万曲という音楽がありますから

そのうち2割を聞くことすらほとんど不可能です

 

それでも 

全ての音楽がサービス内に含まれるわけではありません

 

持っている音楽をすべて手放す、ということも考えましたが 

今はまだその段階にはないようです

 

将来的には

音楽に対する「所有」の概念がなくなって 

アーティストにも適切な対価が支払われて

文化はもっと自由に豊かになればいいと思います

 

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

音楽は 

恣意的に聞いたときよりも

偶然流れてきたときに

えもいわれぬ効果を生み出すことがあります

 

 

所有しない というスタイルで

手持ちのライブラリからではなく

音楽を聴くということには

曲数が増えるということ以上のものがあるのではないかと

期待しています