ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

・ミニマリストの小宇宙・

悩まない、所有しない。エアークローゼットを ちょっといいなと思ってしまった

 

 

 

エアークローゼットが、魅力的なサービスをやっているようです。 

 

www.wwdjapan.com

 

レンタルした洋服は専用の返却袋で梱包し、旅先のホテルや近くのコンビニから返送することが可能。洋服返却後に空いたスーツケースのスペースに土産物などを詰めることができ、荷物が多くなりがちな旅行に「手ぶら旅」を提案する。

 

 

これすごくいいです。

私なら、お土産も送ってしまって本当に手ぶらで帰ってきたいです。

 

ただ、残念ながら期間限定のサービスみたいです。

  

旅行のための服を買わずにレンタルするというのもとてもいいです。

職場は制服なので、私服は2セットあれば十分なのですが、長期休みに旅行に行こうとすると、泊まる日数だけ余計に服が必要になってしまいます。

そういうときはユニクロで適当に買っていましたが、旅行のときしか着ないならレンタルで十分ですね。

 

ふつうのエアークローゼットのサービスでも、旅行で着ることはもちろん可能です。

(ただ、旅先で返却をするためには箱を持っていく必要があるのが少しやっかいです。この場合は、家に帰ってから返却する方が良さそうです) 

 

 

f:id:astudyinscarlet:20181026104329j:plain

  

女性にとって旅先での服装の準備は、楽しみでありながら煩わしさもあり、ストレスを感じることもある。

旅先で洋服貸出しサービス開始、エアークローゼットとコラボで法人向けに | トラベルボイス

 

 

旅行先から返却、というのも魅力的ですが、一番は、選ぶ作業をプロに外注できることです。

 

このニーズを組むサービスが活発になることは喜ばしい限りです。

ファッション誌で扱っている「洋服の悩み」というのは、あくまでも「ファッションは楽しいもの」という前提があるというか、そうじゃなくて本当に選ぶのが苦痛で悩んでいるのだという声はずっと掬い上げられてこなかったと思います。

 

私の場合、楽しみ1割、煩わしさ9割ぐらいです。

旅行と言わず、ちょっとした飲み会とかでもストレスです。

選ぶほど服持ってないですけど、それでも悩みます。 

 

旅行やイベントごとには、こういうサービスを使うのもありかもしれないと思いました。

 

私の場合、私服を着る機会は週2日程度ですから、服を買ったとしてもたいした回数は着られないのです。

だったら、選ぶことから解放されて、スタイリストのコーディネートを借りて着るのも良いかもしれません。服を買ったり選んだりということには意志力を使いすぎるし、買いに行くのもけっこう時間をとられます。

クリーニングや保管をしなくていいというのも魅力的だし、選んでもらうというのはきっと新鮮だと思います。

 

悩まない、所有しない、手入れも不要。

 

今すぐには特に必要ないのですが、機会があったら使ってみたいです。

 

【公式】洋服レンタルならairCloset(エアークローゼット)